Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有村架純、三浦春馬さんの手を握った場面「どうしても最後に触れたかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 女優の有村架純、俳優の柳楽優弥が8日、NHKで放送された「土曜スタジオパーク」に生出演した。2人は総合・BS8K・BS4Kで放送されるドラマ「太陽の子」(15日、後7・30)で共演。同作には7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんも出演しており、この日は事前に収録した三浦さんのインタビュー映像も流された。  劇中では柳楽が核エネルギーの研究者・石村修、三浦さんはその弟・裕之、有村は兄弟が思いを寄せる女性・朝倉世津をそれぞれ演じている。  三浦さんは、有村との印象的なシーンについて「3人で未来の話をする」場面を挙げた。「男2人は戦時中の話をしていくんですけど、世津に『戦後のことは考えてないのか』って叱咤(しった)されるんですよね。有村さんの、涙ながらに『だからこそ生きてもらわなければ困る』ということを訴えかける芝居がすごく印象的でしたし、本当に素晴らしかったと思います」と語った。三浦さんが語る「未来」の話に柳楽、有村は目に涙を浮かべ、司会のハリセンボン・近藤春菜も思わず涙声になった。  三浦さんが挙げたのは、裕之が戦地に戻る前日の夜、世津が2人の手を取りながら生きて戻ることを約束するシーンだった。有村は「本当は手を取るって台本になかったんですけど、どうしても最後に触れたかったんですよね。あそこで裕之さんの手を取って、次に修さんの手を取ってぬくもりを感じたかった。ものすごく本音というか、言葉にはしないけど思いがちゃんと伝わったらいいなと思ってやってました」と“戻ってこない”三浦さんを思い出しているかのようにコメントした。  周囲も明るくする三浦さんの笑顔が印象に残っているという有村。「春馬さんは、自分自身が『これいい』と思ったら必ず伝えてくれるんです。さっきの(3人の)シーンが終わった日もわざわざ連絡を下さって『刺激をもらった。学ばせてもらった』って。背中を押してくれる一言を必ず掛けられるような方だった」と三浦さんの真っすぐな姿勢に敬意を示していた。

【関連記事】