Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

災い除き疫病よけに…クジャク描いたお守り好評 さいたまの久伊豆神社が頒布【#コロナとどう暮らす】

配信

埼玉新聞

 新型コロナウイルスの早期収束を願い、埼玉県さいたま市岩槻区の久伊豆神社で5月から、疫病よけお守りを頒布している。苦しみや災いから救う力を持つとされるクジャクが描かれ、「コロナにみんなで打ち勝とう」の願いが込められている。 華やかなデザインが女性に人気、令和記念の「御朱印帳」 さいたま・岩槻の神社、即位礼の前後まで頒布

 お守りは災いを避ける色といわれる赤を基調とし、縦8センチ、横4・5センチ。1938(昭和13)年に旧皇族の朝香宮鳩彦王(あさかのみややすひこおう)から下賜された、同社のシンボルであるクジャクが描かれた。羽を広げた姿が、金色にデザインされている。  同神社によると、クジャクは昔から害虫などを食べることから、人の災いを取り除く益鳥として親しまれ、仏教では「孔雀(くじゃく)明王」と信仰されているという。同神社では約80種類のお守りを扱うが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初めて疫病よけのお守りを頒布した。  近隣住民や参拝者に配ると、「ありがたい」「大切にします」など、好評だという。馬場裕彦宮司(62)は「皆さんが災いにかからず、コロナも収束して、安心して生活できるようになってほしい」と話している。お守りは、800円。  問い合わせは、同神社(電話048・756・0503)へ。

【関連記事】