Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本で新型コロナが欧米に比べ抑えられている2つの要因 青山繁晴が解説

配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月12日放送)に自由民主党参議院議員の青山繁晴が出演。東京アラートが解除され、ロードマップにおけるステップがステップ3に移行することが決定したというニュースについて解説した。

東京アラートが解除、12日からステップ3に移行

小池知事)東京アラート、これを本日解除する。そしてまた、ロードマップにおけるステップを午前0時の段階でステップ2からステップ3、2から3へと移行をすることを決定いたしました。   東京都は11日、新型コロナウイルスの感染再拡大への呼びかけで、2日から発令している東京アラートを解除した。休業要請の解除と緩和にまつわるロードマップで、パチンコ店やゲームセンター、インターネットカフェなどが対象の第3段階、「ステップ3」に12日から進む。 飯田)接待を伴うホストクラブ、キャバクラなどやライブハウスは、19日から営業を認めることも併せて出ています。メールもたくさんいただいています。居酒屋を経営されている川崎市川崎区の“マサト”さんから、「アラートが解除されても客足が大して変わらず、厳しい経営が続くだろうとみんなで言っています。雑居ビルに入っているのですが2、3、4階にあった他の飲み屋さんは、5月いっぱいで閉店のようです。1度閉店してしまったら補償も何もありませんよね」。 青山)その通りです。耐えて勝つしかないのですけれども。19日以降は事実上の全面解除です。全面解除と言っても、いまのメールの方のご指摘があった通り、かつてのような賑わいにはなかなか戻らない。「賑うのが居酒屋なのに」という問題提起が確かにあります。このスタジオもいま、プラスチックが立てられていますね。 飯田)アクリルの板があります。

日本が新型コロナ対応に成功した2つの根本的な要因~国民皆保険と靴を脱ぐ文化

青山)耐えて勝つしかないのですけれども、かつてのパンデミックは何年も続き、見方によっては、ほぼ1世紀続いたという説もあるわけですから、これだけ交通の行き来が激しくなっていて、数ヵ月でここまで収まるということは大変な成果です。楽観的なことを言いたくはないのですが、よき面を考えると、アメリカでなぜ亡くなる方があれだけ多いか。僕はアメリカの政府高官や軍の将軍だけでなく、一般の黒人の知り合いもいますけれども、病院に行ったことがないという人が多いのです。アメリカには健康保険がいまも事実上ありませんから。オバマケアと言っても、政府の健康保険ではありません。病気を抱えている人が圧倒的にアフリカ系アメリカ人に多くて、それで亡くなる人が多い。でも、「生まれてから病院に行ったことがない、行ったら数十万取られる」という人は日本にはいない。そして日本は、靴を脱いで家にあがる文化です。実は日本が世界に比べて抑えられている根っこには、その2つがあるのだと思います。

【関連記事】