Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寝室のドアを開けるとコーヒーを淹れてくれる。13,800円の「スマート全自動コーヒーメーカー」を+Styleが発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
PHILE WEB

プラススタイルは、「スマート全自動コーヒーメーカー」を6月25日に発売する。価格は13,800円(税込)。アプリや音声操作に対応し、同社製スマートセンサーとも連携可能。朝、寝室のドアを開けると自動でコーヒーを淹れ始める…といった使い方ができるのが特徴だ。 本日6月11日から予約受付を開始。6月25日までの期間は、「コーヒーメーカー試して予約キャンペーン」として本機を9,980円(税込)で販売するほか、スマートセンサーやスマートLEDシーリングライトなどとセットでお得に購入できる「スマートホームはじめてセット」(詳細は後述)を用意する。 ■ミル内蔵で豆挽き - 抽出まで全自動。ステンレスフィルター採用 プロペラ式ミルや水タンク(最大容量750mL:カップ6杯分)を内蔵し、豆を挽く - ドリップまで自動で行える全自動コーヒーメーカー。内蔵ミルによる豆の挽き具合は、杯数に応じた中挽き6段階を選択可能。蒸らしやドリップ時間を変えることで、コーヒー濃度を「濃」「淡」の二段階で設定できる。豆以外にコーヒー粉も使用可能だ。なお豆を量る機能はないので、淹れる分の豆を別途計量して入れる必要がある。抽出にかかる時間の目安は、1杯で5 - 6分、6杯だと10分程度とのこと。 フィルターはペーパーではなくステンレスで、豆の油分を残しコクのあるコーヒーを楽しめるほか、フィルター交換の手間やコストがかからないのもメリット。コーヒーサーバーはガラス製。30分の保温機能や、自動電源OFF機能も備える。 内蔵ミルや水タンクは取り外して丸洗い可能。消耗品にあたるミルおよびコーヒーサーバーは別売も行う。外形寸法は160W×280H×321Dmm、質量は約2.6kg。消費電力は約670W。 ■タイマーやスマートセンサーと連携。生活に合わせた様々なルーティン作成可能 アプリ「+Style」を使い、「タイマー」「天気」「GPS」「+Styleデバイス」「スマートスピーカー」という5種類の連携ルーティンを作成できる点が本機の大きな特徴となる。 「タイマー」機能では、「●曜日の朝●時●分になったら」コーヒーを淹れ始めるといった設定が可能。 「天気」では温度・湿度・天気・日の出・日の入り・風速と連動した設定が可能。タイマー機能と組み合わせて「8時に気温が15度未満の時にON」といった設定もできる。 「GPS」では、自宅や最寄り駅など半径100〜1,000mの範囲を設定し、「土日の夕方のみ、自宅の半径300mに入ったらコーヒーメーカーをON」して休日のコーヒータイムを楽しむといった使い方ができる。 「+Styleデバイス」との連携機能は、同社の「スマートセンサー(ドア・窓)」「スマートセンサー(人感)」「スマートセンサー(漏水)」「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」「スマートマルチリモコン」「スマートWi-Fiプラグ」から取得できるデータと連携した設定が可能。たとえば「朝の時間帯に寝室のドアに設置したセンサーが開閉を検知したら、コーヒーメーカーをON」という使い方が可能だ。 「スマートスピーカー」連携は、+StyleアカウントとGoogle/Amazonアカウントを連携することで、GoogleアシスタントまたはAmazon Alexa搭載スピーカーから操作が可能になるというもの。スマートスピーカーに「おはよう」と話しかけると、スマート照明がONになりコーヒーメーカーが起動しはじめる、といった連携を実現する。 なお、豆や水をセットし忘れてしまったのにルーティンが発生した場合だが、水がセットされていない場合は起動しない。豆がない場合は動いてしまうが、抽出はされないとのことだ。 ■スマートデバイスと一緒にお得に買える「はじめてセット」も用意 前述のとおり、6月11日から6月25日の期間「スマートホームはじめてセット」を用意。スマート全自動コーヒーメーカーと各種デバイスをセットでお得に購入することができる。 【寝室ドア連携セット】 税込12,335円(4,500円OFF) ・スマート全自動コーヒーメーカー ・スマートセンサー(ドア・窓) 【寝室ライト連携セット】 税込16,780円(6,000円OFF) ・スマート全自動コーヒーメーカー ・スマートLEDシーリングライト 【リビング連携セット】 税込14,780円(5,000円OFF) ・スマート全自動コーヒーメーカー ・スマートマルチリモコン

編集部:小澤麻実