Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋尚子「募金ラン」スタート、“チームQ”への思いを明かす<24時間テレビ>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(8月22日夜6:30-23日夜8:54、日本テレビ系)では、22日夜7時10分ごろにチャリティー企画「募金ラン」が始動。シドニー五輪女子マラソン金メダリスト・高橋尚子がスタートした。 【写真を見る】「24時間テレビ」で“募金ラン”に挑戦中の高橋尚子と、メインパーソナリティー・井ノ原快彦 2020年の「24時間テレビ」は、メインパーソナリティーを井ノ原快彦、増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太が務め、会場は東京・両国国技館を使用。 「動く」をテーマに、「43回目ではなく、新しい日常での1回目」として「離れていても、心を通わせて動き出そう」というメッセージを発信する。 チャリティー企画「募金ラン」は24時間(深夜帯は除く)、安全な私有地を利用し、シドニー五輪女子マラソン金メダリスト・高橋尚子が「自らが走って、その距離に応じて募金額を増やしていく」というもの。 高橋は、スタート直前「みんなの気持ちを背負って頑張りたい」とコメント。「感謝」「たくさんの笑顔につながると信じて」などのメッセージが書かれている。また、「仲間たちが熱い思いで集まってくれたことが心強い」と、“チームQ”のメンバーへの思いも明かした。 (ザテレビジョン)

【関連記事】