Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャイア・ラブーフ、ブレイクからの逮捕…壮絶なキャリア振り返り

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 俳優にとって、30代というのは脂が乗り切った時期であり、最も活躍が期待される年齢である。現代ハリウッドには、演技に定評のある30代俳優が数多く存在しているが、中でも注目したいのがシャイア・ラブーフ(34)だ。 【画像】『トランスフォーマー』から13年…現在のシャイア・ラブーフ  自身の経験を基に脚本を執筆した新作『ハニーボーイ』(公開中)で、脚本家としての才能を開花させたシャイアは、世間では“お騒がせ俳優”として認知されているかもしれない。しかし、数々の映画で魅せてきた情熱的な演技は唯一無二のものがある。プライベートでの度重なる逮捕劇や奇行などが取り沙汰されてしまっているが、彼こそ実力派俳優と呼ぶに相応しい俳優なのだ。ここでは、シャイアがこれまで歩んできた、壮絶なキャリアを振り返る。

家族を支えるため、俳優の道へ

 シャイアは1986年6月11日、米カリフォルニア州・ロサンゼルスでフランス系の父とユダヤ系の母の間に生まれた。幼い頃に両親が離婚したことから、彼の生活は決して恵まれたものとは言えなかった。ある日、シャイアは友人がテレビで活躍している姿を見て、自身もテレビ出演を目指すようになる。子供ながらにスタンダップコメディアンとして活動し、近所の公衆電話から、あらゆるエージェントにアプローチをかけ続けた。シャイアは、自らのマネージャーであると名乗り電話をかけていたといい、その心意気と根性に惹かれたエージェントによって見いだされ、見事ハリウッドへの切符を手にした。そして「X-ファイル」「ER 緊急救命室」といった人気ドラマへのゲスト出演後、ディズニー・チャンネルで放映されたコメディードラマ「おとぼけスティーブンス一家」(2000~2003)で主演を務め、お茶の間の人気者となった。

 俳優として順調な滑り出しを見せたシャイアだったが、私生活での苦労は絶えなかった。撮影現場への送迎とマネージャーを兼任していた父には前科があり、度々シャイアに虐待まがいの指導を繰り返していた。父が撮影現場で問題を起こすこともあったが、シャイアは父の生活を支えるために、日々俳優としての仕事をこなしていった。ディズニー映画『穴/HOLES』(2003)、ウィル・スミスと共演した『アイ,ロボット』(2004)、DCコミックス原作の『コンスタンティン』(2005)などへの出演で、めきめきと頭角を現していったシャイアは、後に巨匠スティーヴン・スピルバーグ製作の超大作映画で主演を務めることになる。

【関連記事】