Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森薗政崇支援の高校生強化合宿 唯一の女子選手・11歳香取、男子相手に奮闘

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

22日、卓球日本代表の森薗政崇(BOBSON)が中心となり開催した高校生強化合宿が閉幕した。静岡県富士市で行われた今合宿は、「今の自分があるのは高校時代のおかげ。高校卓球界への恩返しのため」と語る森薗による“高校卓球恩返しプロジェクト”の1つだ。 【写真】男子相手に堂々たるプレーを見せた11歳・香取悠珠子 参加者は主に男子高校生で占められていたが、唯一の女子選手として小学5年生の11歳・香取悠珠子(卓桜会 栃木卓球センター)が特別参戦していた。

11歳が男子高校生相手に堂々たるプレー

合宿では、3シングルスでの団体戦が行われた。香取は、同じ栃木県の青藍泰斗高校Cチームに混ざりプレーした。 香取は、回転のわかりづらい巻き込みサーブと、打点の早いバックハンドで男子選手を相手にも堂々たるプレーを見せ、二日目途中の時点で男子選手相手に4勝をあげる活躍を見せた。 香取は「いつもは女子の選手のボールをとるんですけど、今回の試合は男子選手のボールを取るから勉強になります。高校生だからボールが重かったりして、止めるのが難しかった。自分のクラブチームには高校生がいないので良い経験になっています」と合宿の収穫をコメントし、「将来はオリンピックで金メダル」と照れながらも夢を語った。 「学生卓球界への恩返し」と森薗が中心となり開いた合宿では、高校生だけでなく次世代の育成も行われていた。

細心のコロナ対策

静岡県富士市で開かれた今回の合宿では、西は広島県、東は栃木県からと広範囲から強豪校が集った。そのため、新型コロナウイルス対策には細心の注意を払ったという。 対策の1つが、試合会場入り口に設置された検温装置だ。合宿に協賛したimpactTV株式会社の提供で非接触で検温できる検温装置が導入された。 森薗は「体温は状況によってかなり変わってしまう。そのため、精密な検温装置が必要とガイドラインにも書いてあったし、僕らもそう思っていた。今回、impactTVさんから最新の検温器をお借りして、社員さんにも来ていただいてサポートしていただき、万全の状態でできた」と感謝を述べた。

山下大志(ラリーズ編集部)

【関連記事】

最終更新:
Rallys