Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンジャッシュ児嶋一哉「半沢直樹」以前からイケメンオーラ全開? 制作陣に愛される人柄と演技力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 9月27日放送の最終回の平均世帯視聴率は32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。驚異的な数字で有終の美を飾った堺雅人(46)主演の「半沢直樹」。最終回から時間が経った今も、ネット上は〈半沢ロスになってる〉〈次はいつ見られますか? 待ち遠しい〉と、終了を惜しむ声であふれている。  堺をはじめ、柄本明(71)、香川照之(54)、片岡愛之助(48)、筒井道隆(49)、江口のりこ(40)と、とにかく濃い面々が濃い演技を繰り広げた「半沢直樹」。その中で抑え気味な演技ながらも、しっかりとその存在を印象づけたのは、議員秘書・笠松茂樹役を演じた、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(48)だろう。 「セリフこそ多くはなかったものの、児嶋さんは回を重ねるごとにどんどん存在感を増していきましたね」と話すのは、芸能ライターのエリザベス松本氏だ。  最終回ではしっかり見せ場もつくった。 「半沢を前にして語った、白井大臣(江口)を思う強い気持ちにグッときてしまったのは、私だけではないと思います。児嶋さんの役者デビューは、2008年公開の黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』。以降、コンスタントにドラマにも出演しているし、児嶋さんを使いたがる監督が結構いることで知られています。実は役者としてはなかなかのキャリアの持ち主。どの役を演じていても、違和感がなく実にさりげない。“アンジャッシュの児嶋”ではなく“役者の児嶋一哉”としてスッと作品に溶け込んでいるのが特徴ですよね」とエリザベス松本氏。 ■スタッフから「また仕事したい」の声  その児嶋といえば、アンジャッシュのいわゆる「じゃないほう芸人」と呼ばれる時期が長かった。歌番組やバラエティー番組の司会や写真集発売など、華やかな場は相方の渡部建(48)が担当し、児嶋は存在感の薄さをイジられる役回り。“イジられキャラ”だったが、今年6月に渡部の“トイレ不倫”が発覚し、渡部は今も芸能活動を自粛している。 「渡部さんの騒動があったから、児嶋さんに一気にスポットが当たったように感じている人も多いかもしれませんが、それだけじゃない。もし騒動がなかったとしても、児嶋さんは役者として名を成したと思います。というのも、演技がうまいのはもちろんのこと、腰が低く、礼儀正しいので、スタッフからは『また児嶋さんと一緒に仕事をしたい』という声が多い。『また使いたい』と思われることはすごく重要なんです、特に芸能界では」(ドラマ制作会社スタッフ)  かつて児嶋と仕事の現場で一緒になったことがあるという、芸能プロダクションの女性マネジャーからはこんな証言も。 「正直、ご一緒するまでは特にイケメンという印象もなかったのですが……初めて児嶋さんを見た時の第一印象は『えっ、すごくカッコいい!』です。まずスタイルと清潔感が抜群なこと。そして物静かだけど、共演者にさりげない気遣いと優しさを見せてくれる。それら全部をひっくるめて、普段は“イケメンオーラ”が出ている人なんですよねえ」  イジられキャラが持ち味だけに、実は“イケメンキャラ”をバラされるのは営業妨害だろうが、もはや視聴者からも業界からも評価がうなぎ上りであることは間違いない。 「児嶋さんは最近も渡部さんと連絡を取っているようですが、以前のように“アンジャッシュは渡部ありき”という雰囲気はまったくありませんね」(在京キー局関係者)  もはや誰も児嶋を「じゃないほう」とは呼ばないだろう。

【関連記事】