Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックスは山本由伸に続く生え抜き高卒の先発投手が増える?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 今秋のドラフトへ向けた高校生合同練習会が東日本、西日本それぞれの会場で行われた。甲子園が中止となったことでアピールの場を失ってしまった選手たちが、プロ野球団のスカウト陣を前に思う存分プレーしたようだ。 【動画】吉田正尚(オリックス)の打撃論が超絶タメになる!!若き大砲の打撃練習も見逃すな  そのなかで山下 舜平大(福岡大大濠)や内 星龍(履正社)に豆田 泰志(浦和実)ら投手陣に注目が集まっていた。各球団ともにチームの屋台骨を支えてくれるような先発投手を高卒で獲得することができたら、数年はやりくりが楽になる。  さて、現時点では各球団、生え抜き高卒の先発ローテーション投手は、どれだけ存在しているのだろうか。各球団の今シーズンにおける登板数上位5名を振り返ってみたい。  シーズン半ばに西村徳文監督から中嶋聡監督代行体制に変わったオリックスは、大きな変わり身を見せることなく最下位に沈んでいる。  その先発ローテーションを見ると、エース格の山本 由伸(都城高)と左腕の田嶋 大樹(JR東日本)がともに13先発でトップ。山本は防御率2.84でランキングのトップを走っており、その役割を果たしていると言っていいだろう。  田嶋も、防御率4.01と破綻しているわけではない。それでも山本が5勝3敗、田嶋は2勝4敗と大きな貯金を作ることができず苦しんでいる。  2人に続くのがアルバースの11回、そして山崎 福也(明治大)の10回となる。アルバース(3勝6敗)と山崎 福也(2勝4敗)も負け越しを喫しており、先発ローテーション投手たちは軒並み苦しんでいる印象だ。  その後の5位には少し離れて6先発の榊原 翼(浦和学院高)と鈴木 優(都立雪谷高)が続いている。  榊原と鈴木は先発ローテーションを守っているわけではないものの、生え抜き高卒の投手たちが先発登板数上位の6人中3人を占めていることがわかる。ちなみに開幕投手を務めた山岡 泰輔(東京ガス)は途中離脱があったため、ここまで5先発にとどまっている。  山本、榊原は1998年生まれの22歳。鈴木も1997年生まれの23歳とまだ若く、今後もローテーションを支えていく存在となっていくはずだ。  二軍を見ると、投球回数トップはトミージョン手術からの復活を目指す本田 仁海(星槎国際湘南高)、3位に昨年のドラフト1位である宮城 大弥(興南高)と若き生え抜き高卒投手たちが控えている。  オリックスは2021年から三軍制を敷くとの報道もあった。コロナ禍により、現時点ではどのように運用していくかは定かではない。しかし、昨年のドラフト会議でも12球団最多となる8人を育成ドラフトで指名した。そのうち投手は4人おり、内訳は高卒が3人、BCリーグ出身が1人と高卒投手の指名が中心だった。  今後は社会人出身の即戦力候補よりも、育成ドラフトを含めて高卒の選手が増えていきそうだ。 【先発登板数上位】 1位(13)山本 由伸(都城高) 1位(13)田嶋 大樹(JR東日本) 3位(11)アルバース 4位(10)山崎 福也(明治大) 5位(6)榊原 翼(浦和学院高) 5位(6)鈴木 優(都立雪谷高)

勝田 聡

【関連記事】