Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナでさらに窮地 百貨店アパレル上場12社、半数で赤字

配信

東京商工リサーチ

 百貨店にテナント出店するアパレルブランド(以下、百貨店ブランド)を展開する上場主要12社の本決算が出そろった。各社の直近の本決算は、8社が減収、6社が最終赤字を計上した。 昨年10月の消費増税、暖冬による冬物商戦の苦戦に加え、「新型コロナウイルス」感染拡大による外出自粛が重なりアパレル各社は辛苦の経営が続く。  5月に入り、15日に「ダーバン」、「アクアスキュータム」などを展開する老舗のレナウン(TSR企業コード:295833440)が子会社の申立により、東京地裁から民事再生開始決定を受けた。一方で18日には、他社に先駆け高島屋が関東圏の店舗で営業を再開する明るいニュースも舞い込んだ。 しかし、コロナ禍で冷え込んでしまった消費マインドの回復には時間を要しそうで、百貨店ブランドを取り巻く先行きは不透明感が根強い。 ※集計対象の12社は、ワールド、オンワードホールディングス、TSIホールディングス、レナウン、クロスプラス、三陽商会、ルックホールディングス、三共生興、ダイドーリミテッド、東京ソワール、キング、ラピーヌ。

10社で売上が当初予想を下回る

 百貨店ブランド各社の最新決算は、売上高が比較可能な10社のうち「23区」や「Jプレス」などを展開する(株)オンワードホールディングス(TSR企業コード:290030471、以下オンワードHD)と、「パーリー・ゲイツ」や「ジル・スチュアート」などの(株)TSIホールディングス(TSR企業コード:298655195)を除く10社が減収となった。 10カ月の変則決算となったレナウンと14カ月決算の(株)三陽商会(TSR企業コード:290059666)を除く8社が当初予想を下回る結果となり、昨シーズンの販売不振が鮮明となった。 最終利益はオンワードHD、レナウン、三陽商会(2019年12月期第4四半期時点)、「ニューヨーカー」を展開する(株)ダイドーリミテッド(TSR企業コード:291068103)、フォーマルウェアをテナント出店する(株)東京ソワール(TSR企業コード:291181210)、「ピエール・カルダン」のライセンスなどを手掛ける(株)ラピーヌ(TSR企業コード:570221234)の6社で赤字を計上。 2020年3月期で、2期以上の連続赤字となったのは、レナウン、三陽商会、ダイドーリミテッド、ラピーヌの4社だった。