Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若手奮闘で取引先が10社から20万社に 石川の零細企業が躍進のワケ、段ボール通販で国内首位

配信

47NEWS

 インターネット通販やフリマアプリの人気拡大を背景に、段ボールの需要がますます高まっている。少しだけど、今すぐ欲しい――。そんな要望に応えて急成長しているのが、梱包(こんぽう)資材の製造と通販サイトを運営する金沢市のダンボールワンだ。15年前、当時20代前半で入社間もなかった現社長が社内の冷たい視線を感じながらほそぼそ始めた事業だ。10社に過ぎなかった取引先の数は現在、20万社近くに急拡大。東京商工リサーチによると、段ボール・梱包資材通販サイトで売り上げは国内首位を走る。躍進の鍵は。(共同通信=市川貴則)  ▽売り上げ半年で7千円、周囲の冷たい視線  ダンボールワン(当時の社名は能登紙器)は1978年に創業し、当初は段ボールを製造するだけの零細企業だった。2005年に入社したのが現在社長を務める辻俊宏さん(37)だ。会社にはパソコンすらなく、分厚いファイルを使って在庫を管理していた。  ネット事業を任されてみたものの、「パソコンばかり見ていて注文は入るのか」と先輩社員の冷たい視線が刺さった。売り上げは半年間で1件7千円。周囲の期待はみるみる失望へと変わっていった。

 辻さんは短大在学中、能登地域の食品などを扱うネット通販会社を設立。そうした経験を買われての入社だった。当時を振り返り「プライドは打ち砕かれ、ストレスで胃潰瘍になった」と打ち明ける。社内に味方はおらず、孤独を感じていたという。  「実績を出さないと誰にも理解されない」。周囲を見返そうと奮起し、営業活動のかたわら、他業界の成功事例を学びながら通販サイトや自動見積もりシステムを作り上げた。  ▽ 奮起し構築したビジネスモデル  通販サイトでは24時間見積もりが可能で、発注方法は「即日」「通常」「最安」の3種類を用意した。用途に応じて大きさや形状も選べるようにした。即日の場合、午後1時までに注文すれば、その日のうちに作って出荷される。商品は納期を優先するため、富山、石川両県にある三つの自社工場で製造する。  さらに全国約100の工場とも提携した。空き時間に製造してもらうことで、最安の場合なら届くまでに1週間以上かかる一方、即日に比べて単価を半額程度に抑えられる場合もある。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS