Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「長距離運転」を想像しただけで「ゲンナリ」! そんな人が見なおすべき「疲労軽減」ポイント7つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

しっかりとした事前準備と気持ちの余裕が大事

 この秋も4連休がありますが、旅行だけでなく日常でもクルマでのお出かけが見直されている今、いつもよりちょっと、長距離運転をする機会が多くなっているかもしれませんね。もしかして、出発前から気が重くなっているドライバーさん、いませんか? 【写真】「長距離運転」にピッタリ!「ガス欠無縁」な国産車5台  確かに長距離運転は、ずっと周囲に気を配る緊張状態が続きますので、運転が好きな人でも知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまうものです。でも、事前の準備や運転中にちょっと気をつけるだけで、その疲労はかなり軽減できるんです。今回はそんな、長距離運転をするときに行うべきことをピックアップしたいと思います。

1)前日はしっかりと睡眠をとること

 まずひとつ目は、出発前の睡眠を十分にとるということ。長距離運転で疲れを軽減するための準備は、すでに前日の夜から始まっているのです。睡眠不足の状態で運転すると、注意力が散漫になったり、認知機能が鈍るため操作に遅れが生じたり、イライラしやすくなるので運転が荒っぽくなる、などさまざまな弊害が出てしまいます。出発前夜はゆっくりとお風呂に浸かり、深い眠りでしっかりとリフレッシュできる睡眠をとるように心がけましょう。

2)時間に余裕を持って出発すること

 ふたつ目は、出発時間に余裕を持つことです。最近はナビアプリなどで、家にいても目的地までの所要時間が把握できるようになりましたね。でも、その所要時間ぴったりで予定を組んではいけません。最低でもプラス1時間、できれば2時間の余裕をみて出発するのが理想的です。  道路はいつも同じ状況ではありませんので、出発してから事故が起こって渋滞が発生したり、最悪の場合は通行止になる可能性だってゼロではありません。同乗者がトイレに行きたくなるかもしれないし、時間に余裕があれば途中のサービスエリアで美味しいグルメも楽しめるかも。逆に、ギリギリの時間で出発すると、ちょっと信号に引っかかったり道を間違えただけで焦ったり、まったくいいことがないですよね。プラス1時間の余裕が、それらを丸く納めてくれるのです。

【関連記事】