Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「キレイに言うなら憲剛のおかげ」“ミスターフロンターレ”伊藤宏樹氏が振り返る飛躍の2006年シーズン

配信

SOCCER DIGEST Web

大久保対策は「いかにイライラさせるか」

――伊藤さん自身はこの試合で先発フル出場を果たしました。 「全然覚えてないんですよ。メディアの評価が僕だけめっちゃ低かったんで、駄目だったのだと思います(笑)。相手に大久保嘉人や西澤明訓さん、名波浩さんがいたのは覚えていますけど、あまり(自分の)印象はないんですよね」 ――セレッソには後に川崎で3年連続得点王にも輝く大久保選手がいました。6月にスペインのマジョルカからJリーグに復帰したばかりでしたが、当時はどう見ていましたか? 「メディアに取り上げられている有名人という印象しかなかったですね。やんちゃなイメージだったので、こっちからしたら、いかにイライラさせて平常心でプレーさせなくするかって、そう思ってプレーしていたと思います(笑)。後にチームメイトになって、頭の良い選手だったというのは初めて知りましたけどね。当時のC大阪は特徴ある選手や力のある選手がたくさんいました。あれだけのメンバーがいて、なぜJ2に落ちてしまったんだろうと改めて思いますね。今、自分は強化の立場にいますが、チーム作りは難しいんだなと改めて感じています」 ――アウェーにも多くのサポーターが駆け付けていました。 「当時はホームスタジアムでも、めったに満員にはならなかった。もともとJ1優勝と、等々力を満員にしようっていう目標を掲げながら頑張っていました。チームが強くなるにつれて、アウェーにも人が来てくれるようになったのをだんだん実感し始めたシーズンでもありました。でもまだまだ本当のお客さんを掴んでいないというのも分かっていたので、自分たちが強くなるのと同時に、サッカーだけではなく、ピッチ外でもいろんなことにトライしていました。協力的な選手が多かったですし、そういうことも含めて色々なことにチャレンジしたシーズンだったと思いますね」 ――2006年以降、川崎は毎シーズンのように優勝争いに食い込む強豪になりました。 「キレイに言うなら憲剛のおかげなんですよね(笑)。本当にクラブがコツコツやってきて、生え抜きの選手が成長しながら、補強にも成功して。だんだん自信が生まれて、ようやく実になってきたという感じでした。スカウト陣と強化部の方々に感謝したいですね」 取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部) 協力●DAZN

【関連記事】