Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高温多湿は大敵! 意外と知らない正しいお米の保存法

配信

ウェザーニュース

おいしく食べられるのは夏なら2週間

それでは冷蔵庫で保存しておけばずっとおいしく食べられるのでしょうか。 「お米は生鮮食料品ですから、鮮度が重要です。精米したお米を長期保存していると、デンプンを分解する酵素の一種、アミラーゼの働きが悪くなり、デンプンを十分分解できなくなります。そうなるとデンプンから糖分に変わりにくくなるため、甘みが感じられなくなります。 また炊き上がりも固い感じになってしまうので、全体的においしくなくなるわけです。鮮度が保たれておいしく食べられる保存期間の目安は、これからの季節なら2週間です。短いように感じますが、この期間で食べられる量をこまめに買い、冷蔵庫で保存することがお米をおしいく食べるコツです」(盛實さん) お米はついまとめて買ってしまうことが多いのですが、これからの季節は冷蔵庫をうまく活用して上手に保存し、おいしくいただきましょう。

ウェザーニュース

【関連記事】