Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高温多湿は大敵! 意外と知らない正しいお米の保存法

配信

ウェザーニュース

蒸し暑い日が多くなり、食品の保存が気になる時期になってきましたが、みなさんはお米をどのように保管していますか?

ウェザーニュースでアンケート調査を行ったところ、冷蔵庫で保管している人が14%だったのに対し、常温は82%と圧倒的。しかし、暑くなるこれからの時期は、お米にとってもつらい季節なのです。お米をエサにする虫(コクゾウムシなど)がついたり、高温にさらされると酸化が進み、味が悪くなるといいます。 これからの時季の正しいお米の保存法を米穀店・ライスピア米蔵の盛實正人(もりざね・まさと)さん(五ツ星お米マイスター)に伺いました。

お米は野菜の一種、高温多湿は大敵

お米をエサにする虫は気温18℃以上で多湿になると発生するそうです。まさにこれからの季節に発生の条件がそろいます。さらにお米は生鮮食料品だということを忘れてはいけません。 「保存は、お米の酸化を避けるために10~15℃の涼しい場所で、温度・湿度が低く直射日光の当たらない暗いところが適しています。暑くなるこれからの時期は常温ではなく、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いでしょう。 お米の貯蔵温度を10℃下げるだけで、そのまま放置するより2倍もおいしさが保たれるので、ぜひ冷蔵庫の野菜室で保存してください。ただし、空気に触れるとひび割れる原因になるので、密封が大事です。割れると炊飯時にご飯がベチャついてしまうので、注意してください」(盛實さん)

ペットボトルは冷蔵庫保存に最適

冷蔵庫で保存するとお米のおいしさが保たれるのはわかりますが、米袋ごと冷蔵庫に入れるのでしょうか。 「お米は湿気を吸いやすいとともに、匂いを吸着しやすい性質を持っています。だから、空気抜きの小さな穴があいている米袋は、湿気や匂いが入るので保存用には不向きです。また場所も取ります。 そこでおすすめなのがペットボトルやジップ式密封袋です。ペットボトルなら野菜室などに立てて入れられますし、密封ができるので湿気を防ぎ、冷蔵庫内の匂いがお米に移ってしまうこともありません」(盛實さん)

【関連記事】