Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「肺がグッと締め付けられる」片岡篤史が語る新型コロナ闘病生活…救われた清原和博のメール

配信

FNNプライムオンライン

崖っぷちから生還し九死に一生を得た人たち。 7月16日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、崖っぷちの状態から生還した人たちを取材し、再現ドラマと共に3人が経験したエピソードを振り返った。 【画像】清原和博が毎日送った花の写真とメール

楽しい旅行が一転…17時間も海に漂流

2011年、沖縄県石垣市の海に17時間もの間漂流し一夜を過ごした4人の女性が救助されるというニュースがあった。彼女たちはどうやって助かることができたのか。番組では、事故に遭った4人の女性のうちの1人、熊代さんを取材した。 2011年9月21日、熊代さんは友人2人と沖縄県石垣島を旅行。現地に住む女性とも仲良くなり、翌日、オススメのビーチへ一緒に行くことに。 そのビーチは石垣島の北西部にある吉野海岸。遠浅の海に美しいサンゴ礁が広がる、知る人ぞ知るシュノーケリングスポット。 午後4時に訪れた4人。天候は快晴で絶好のシュノーケリング日和だったが、熊代さんは「遊泳注意」という看板を目にする。 この日は波が高かった。海に入らないように注意を促す看板が立っていたが、熊代さんは「水泳も習っていたし、特に流されるイメージはなく、波は高かったんですが、海を見たらキレイだし、友達もいたし、みんな泳ぐから大丈夫という考えでした」と特に気にしなかったという。 しかし、この甘い考えが悪夢のような出来事を招くことになる。 シュノーケリングを楽しみはじめて数分、4人は岸からずいぶん離れてしまっていたことに気づく。このとき、岸から沖に向かう強い離岸流が発生していたため、熊代さんたちは知らない間に約200メートル沖まで流されていた。 離岸流は一度巻き込まれたら簡単に抜け出すことができず、毎年のように事故が起きている。離岸流を見た目で判断するのは難しく、発生するタイミングも分からない。もし、巻き込まれてしまったら、岸と平行に泳ぐことで流れから抜け出しやすくなると言われているが、決して流れに逆らって岸に向かおうとしてはいけないという。 しかし4人はパニックになっていたため、離岸流に逆らって泳ぎ、体力を消耗してしまった。彼女たちはバラバラにならないように手を取り、ただ流れに身を任せていた。 1時間後にははるか遠くの浜辺にいる人影に向かって助けを呼ぶが、その声は波と風の音にかき消されてしまう。2時間が経ち、体力も限界に近づき、全員が死を覚悟したとき、発泡スチロールが流れてきたという。 熊代さんは「すごくうれしかった。パニックになっていたから、息を吸うのか吐くのか分からなくなっていて。それにつかまっていたらちょっと助かるかなという気持ちに。一回、落ち着くことができました」と振り返った。 日は沈み、夜になっても、必死に助けを呼び続けるが、誰にも気づいてもらえず、弱音を吐く人も出てきた。彼女たちは、少しでも沈んだ気持ちを励まそうと、冗談を言い合ったり、歌を歌ったりしたという。

【関連記事】