Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ギャル曽根が払拭した“大食い=汚い食べ方”のイメージ「早食いの勝負よりも味わいたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 今年に入って新番組もスタートするなど、時代を超えて変わらぬ人気を誇る“大食い番組”。90年代に生まれ、一時期は類似番組が乱立するブームとなり、かつては「大食い(早食い)=食べ方が汚い」など、負のイメージもあった。しかし、そんなマイナスの印象を払拭し、食べることの楽しさを伝えることで“大食い”のイメージを変えたのがギャル曽根だ。テレビやYouTubeでいま再び大食いコンテンツが注目を集め、大食いYouTuberのテレビ進出も増えるなか、現状への思いを語った。 【写真】ラブラブ!ギャル曽根、イケメン夫・名城ラリータさんとの公開キス ◆きっかけとなった「牛丼事件」、キレイに見せる食べ方は母親が躾やマナーに厳しかったから ――90年代にスタートした、大食い、早食いを競うテレビ番組は、一大ブームとなる隆盛を誇った時期を経て、それを真似した一般人による事故をきっかけに各局が自粛。その後、しばらくは企画自体を見かけることが少なくなっていました。それが、今年4月からは大食いをメインにした新番組がゴールデンで始まるなど、いま再び注目を集めています。 【ギャル曽根】 大食いが世間から楽しいと思ってもらえてうれしいことですね。「美味しそう」「私も食べたい」と感じてもらえるコンテンツということが認識されているから増えているのではないでしょうか。 ――ここ最近では、かつてのような“人対人”の大食いや早食い競争ではなく、“人対食べ物”のデカ盛りや特大メニューへの完食挑戦が主流になっていますね。 【ギャル曽根】 昔は、“デカ盛り”を食べたことがなかったですし、番組としてもなかったと思います。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で“デカ盛り”に挑戦して、そこには料理自体のおもしろさがあると感じています。視聴者の方々も、ふだん自分では食べられない夢のような料理が出てくるのが、観ていて楽しいのではないでしょうか。 ――本来、美味しくて見た目も華やかな料理に対して、かつての大食い番組では「大食い(早食い)=キレイな食べ方ではない」というイメージもありました。ところが、ギャル曽根さんは「大口で、食べ方がキレイ。決して早食いではなくゆっくりとペースを崩さない」印象的です。ギャル曽根さんの食べ方を見習う人も多いようですが、それまでの大食い番組のイメージを変えたのではないでしょうか。 【ギャル曽根】 母親が教師で躾やマナーに厳しかったので、食べ方にはその影響があるかもしれません。祖父がお米を作っていたので一粒も残さずに食べることはもちろん、箸の持ち方からきちんと教えられました。でも、初めてテレビ出演したのが牛丼の大食い競争だったのですが、生卵を混ぜて食べると「食べ方が汚い」ってけっこう言われたんです。そのときに衝撃を受けて、見え方を意識するようになりました。ふだん食べるときよりも気をつけています。 ――90年代に多くの大食いタレントさんが登場したなかで、食べ方のキレイさは、ギャル曽根さんからの流れだと思います。 【ギャル曽根】 食べる仕事が増えてきたときに「牛丼事件」の壁にぶちあたったので、当時はけっこう見え方を研究しました。いまはどうしたら食べ物が美味しそうに見えるのかを常に考えています。自分の映りよりも、料理がメインです。

【関連記事】