Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナの影響でキャッシュレス決済利用は6割増。どのような利用が増えた?

配信

LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、人との接触を減らす動きがありました。買い物時の支払いでも、現金の受け渡をしないキャッシュレス決済を利用する人が多く見られたのではないでしょうか。㈱キュービックでは「コロナ禍のキャッシュレス事情」を調査しています。これをもとにして、キャッシュレス決済の利用について見ていきましょう。 この記事の写真を見る

コロナでキャシュレス決済利用は6割増

㈱キュービックが運営するクレジットカードの総合情報サイト『CREVIEW(クレビュー)』が、キャッシュレスに関するリアルな本音を調査する研究機関『キャッシュレスラボ』を立ち上げ、「コロナ禍のキャッシュレス事情」について調査を行いました。(調査期間:2020年5月1日~2020年5月6日、調査対象:キャッシュレス決済を利用している全国20~50代の男女200名、調査方法:インターネット調査、調査委託先:㈱アスマーク) この結果、COVID-19の影響によってキャッシュレス決済の利用は「以前と比べて利用が増えた」が59%となりました。キャッシュレス決済を利用する人が大幅に増加したことがわかります。 また「変わらない」が35%となり、もともとキャッシュレス決済を使っていた人も、継続して利用していたのではないでしょうか。

どんなときにキャッシュレス決済を利用する?

『コロナ前後で、キャッシュレス決済のどのような利用が増えましたか?』という質問に対しては、以下のような回答がありました。(複数回答可) 1位:実店舗での日用品の買い物(スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど)…31% 2位:ネットでの日用品の買い物…25% 3位:飲食店の利用…16% 4位:交通費、旅行…10% 5位:宅配サービスの利用…7% 6位:動画配信サービス…6% 7位:教育関連(本、オンライン教材など)…5% 実店舗やネット通販などでの日用品の買い物のときに、キャッシュレス決済を使う割合が高い結果となりました。

【関連記事】

最終更新:
LIMO