Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライバルは欧州ホットハッチ! 日産 新型リーフ NISMO、2020年モデルの進化を徹底解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

モーターならではの加速性能や、床下にバッテリーを積んだ低重心設計を活かし、2018年日産リーフに追加されたのが「リーフ NISMO(ニスモ)」。EV特有の走りの楽しさをさらに引き出したスポーツモデルですが、2020年7月20日、さらにバージョンアップを果たしました。 ■EVのホットハッチ! 日産 新型リーフ NISMO(2020年モデル)を画像でもっと見る! 一部改良でどこが進化したのか、日産 新型リーフ NISMO 2020年モデルの詳細を画像と共にお届けします。

▼日産 リーフの詳細は関連記事リンクをご覧ください▼

リーフのポテンシャルをさらに引き上げたリーフ NISMO

2代目日産 リーフにNISMOが追加されたのは2018年7月。優れた空力性能はそのままにダウンフォース性能を向上させたエアロパーツや、ハンドリング性能の向上、専用チューニングコンピュータ(VCM)による加速レスポンスアップなど、リーフが持つポテンシャルをさらに引き上げたスポーツチューンモデルです。 今回の一部改良では、その性能をさらに進化させました。

これはもうホットハッチ! ハンドリング性能が大幅に進化した

ただし今回の一部改良で、外観上の変化はほとんどありません。進化したのはハンドリング性能です。 まず電動パワーステアリングの操舵力をNISMO専用にチューニングしています。ステアリングギア比も、2018年モデルの18.3から14.9に変更しステアリング舵角を約20%低減。タイトコーナーなどで、より俊敏なステアリング操作を実現させました。

電子制御に至るまで細部に手を入れたトータルチューニング

併せて専用サスペンションもバネとショックアブソーバーを改良。さらに電動ブレーキやVDC(ビークルダイナミクスコントロール)、IDM(インテリジェントトレースコントロール:コーナリング安定性向上システム)などの制御にも手を入れています。 これらのトータルチューニングにより、2020年モデルのリーフ NISMOは欧州のホットハッチ車のようにクイックで意のままのハンドリング性能を手に入れたのです。

NISMO専用RECARO社製スポーツシートも新採用

インテリアでは、新たにNISMO専用RECARO社製スポーツシートがオプション採用されています。これはシートヒーター付きの贅沢仕様です。また、2020年1月の「リーフ」マイナーチェンジでひと足お先に新設定された9インチワイドディスプレイのEV専用NissanConnectナビゲーションシステムが、リーフ NISMOにも標準装備されるようになりました。 2020年モデルで更なる進化を遂げた新型リーフ NISMOの価格は429万4千円(消費税込)となっています。

【関連記事】

最終更新:
MOTA