Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夫の収入・貯蓄額を知らない」妻も…。夫婦間でお金のことを隠す理由を聞いてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

自由でいたい? お金の話をヒミツにする理由

先程のアンケートでは、パートナーに所得額や貯蓄額をヒミツにする理由については触れられておらず、他にこれといったアンケート調査も見当たりませんでした。 そこで、筆者が知人に話を聞いたりネットで調べてみたところ、所得額や貯蓄額をヒミツにする理由として以下のような答えが多く見られました。  ・少しくらい自分の自由になるお金が欲しい  ・実は収入が少ないので恥ずかしい  ・高収入であることを知って相手が変わるのが怖い 上記の中でも1番多かったのは、「自由になるお金が欲しい」という理由です。趣味に使いたい、飲み代が欲しいという人もいれば、「こっそり実家に仕送りしている」という人もおり、使い道はさまざまでした。 「万が一離婚するとなったときに先立つものがないと困るから、独身時代に貯めた貯金の一部を隠している」という人も。また、高収入の女性で、過去にパートナーに「自分より稼いでいてプライドが傷ついた」と嫌がらせをされて別れたので、今回はヒミツにしているという人もいました。 あくまで筆者の調べた限りではありますが、パートナーにサバ読みをしている人の中には、隠すなりの理由がある人もいるようです。

お金関係の話をヒミツにするデメリット

お金についての考え方は人それぞれですし、家庭ごとのルールもあるので、一概に良し悪しが決められるものではありません。しかし、お互いに納得しているのであれば良いのですが、収入や貯蓄額を共有したいというパートナーに対して頑なにヒミツにしたり、ごまかしたりしていると、パートナーとの関係が悪くなることもあるでしょう。 また、「収入額や貯蓄額は知らないけど、ちゃんと管理しているだろう」と思っていたら、まったく貯蓄できていなかったり、多額の借金を作っていたりといったトラブルが起こる可能性もあります。 実際に筆者の周りでも「頑なに収入を隠すので信用できなくなった」「お金関係のトラブルで離婚した」という人がいたので、本当に今のスタンスでお互いが納得しているのかどうかを、あらためて夫婦で話し合ってみるのが良さそうですね。

おわりに

知人の女性の話を聞いたときには驚きましたが、調べてみると意外に収入や貯蓄についてパートナーと共有していない人が多いことがわかりました。 もちろん、人それぞれの考え方があるので、夫婦だから何でも共有するべきだとはいいません。しかし、お金の話は後々大きなトラブルに発展することがあります。 最低限、毎月何にいくらかかっているのか、貯蓄がどれくらいあるのか、生命保険や医療保険はどうなっているのか程度は、共有しておいたほうが安心かもしれません。 【参考】「夫婦の家計管理事情に関する調査」(松井証券株式会社調べ)

吉田 浩絵

【関連記事】

最終更新:
LIMO