Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「夫の収入・貯蓄額を知らない」妻も…。夫婦間でお金のことを隠す理由を聞いてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

みなさんは、パートナーの収入額や貯蓄額を把握しているでしょうか?  筆者の知人の60代の女性は、「結婚して40年になるけど、一度も収入額を教えてもらったことがない」といいます。 収入額だけでなくボーナスの金額も貯蓄額も知らない、最近夫婦ともに年金生活に入ったものの、年金額もわからないそうです。さらには、支払いに関してもすべてパートナーが管理しているため、毎月食費や日用品代として受け取る金額以外の支出額も何となくしか把握していないとのこと。 「収支も貯金もわからないのは不安だと何度も訴えたけれど、詳しくは教えてもらえないしお金に困ったことはないから諦めている」とこぼしていました。 そんなことがあるのかと驚いたのですが、実はパートナーに正確な収入額や貯金額を教えていない人は意外に多いようです。

パートナーへの隠し事No.1はお金関係

今年6月に松井証券株式会社が公表した「夫婦の家計管理事情に関する調査」によると、全体の約4割の人がパートナーに何らかの隠し事があると回答しています。隠し事の内容と割合は以下の通りです。  ・お金関係:20 .9%  ・恋愛関係:9.5%  ・趣味関係:7.5%  ・仕事関係:3.6%  ・病気関係:1.8%  ・親戚関係:1.8%  ・その他:0.3% 隠し事の内容はさまざまですが、お金関係の隠し事をしている人が突出して多いという結果が出ています。

パートナーにも正確な所得額や貯蓄額はヒミツ!

「自分はちゃんと収入や貯蓄額を知っている」「夫婦の間に隠し事はない」と思っている人も、油断は禁物です。前述のアンケートによると、所得額についてパートナーと共有していない人が25.4%いるほか、「曖昧にサバを読んでいる」という人が12.5%もいます。 パートナーの収入証明書や確定申告書を見せてもらっている人であれば、正確な所得額を把握することもできますが、給与明細だけ見ている場合には、もしパートナーに給与以外の収入があっても気が付きません。 そして貯蓄額になると、パートナーと共有していない人が32.6%、曖昧にサバを読んでいる人が20.6%と、さらに「サバ読み夫婦」の割合が増えています。貯蓄額については、独身時代の口座やパートナーが見ることがない場所にこっそり貯めるなどしていたら、知りようがありませんからね。 このような夫婦に対し、サバを読んでいる金額について聞いたところ、所得額は3~5万円程度、貯蓄額は50~100万円程度のようです。それなりにまとまった金額なのですが、どうしてパートナーに隠すのでしょうか。

【関連記事】

最終更新:
LIMO