Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【インタビュー前編】「北村匠海の声は憂いと色気がある」三木孝浩監督

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 8月14日(金)全国ロードショーの映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(通称「ふりふら」)。メガホンを取るのは「アオハライド」「フォルトゥナの瞳」などを手掛けた恋愛映画の名匠・三木孝浩監督だ。今作は、ほとんどのシーンを神戸で撮影している。ロケが順調に進むよう支えたのは神戸フィルムオフィス代表の松下麻理さん。なぜ神戸が選ばれたのか、どのような想いで制作に臨んだのか、キャストの素顔や撮影エピソードを聞く。 ◆神戸をロケ地に選んだ理由とは ――「神戸で撮影しよう」と提案したのは三木監督だと聞きましたが……。 三木 そうなんです。以前「フォルトゥナの瞳」という映画を神戸で撮影させてもらって、素敵なロケーションだったので今回も神戸で撮りたいと思っていました。 ――では松下さん、監督側からはロケ地についてどんなオーダーがありましたか? 松下 「フォルトゥナの瞳」を撮影した時は海がメインだったので、それとは違う場所がいいと要請されました。なので、今作では山側をメインにロケ地を選んでいます。 ◆監督から見たキャストの魅力 ――撮影に臨むにあたって、監督が気を配ったことは何ですか? 三木 原作コミックでは繊細な心の動きが描かれていました。なので、相手に言えないことや伝えられないこと、飲み込んでしまった言葉といった「心の裏側」を表現したいと思っていました。 ――浜辺美波さんは、どんな魅力を持った女優さんですか? 三木 すごく自分を客観的に捉えている人だなぁと思いましたね。撮影現場でも、自分のお芝居を客観的に判断して、物語の中で自分がどう動くべきか的確に判断して演じている印象でした。 ――北村匠海さんには、どんな魅力がありますか? 三木 以前「陽だまりの彼女」という映画でも一緒になったことがあるんですけど、僕、彼の声がすごい好きで。憂いを帯びたような、若いのに色気があるというか。特に今作はナレーションが多かったので、言葉の響きも良かったと思います。 ――前回この番組にゲスト出演した福本莉子さんも「声」の演技について話していました。福本さんは、監督から見てどんな女優さんでしたか? 三木 映画内でのキャラクターの印象は「声」で左右されるので、原作キャラクターのイメージを声に乗せる、ということを現場でも役者さん達と一緒に考えていました。福本さん本人は、自分が演じるキャラクターと実際の自分にギャップがあると悩んでいましたが、むしろ「役作り」に対する悩みと、キャラクターが抱える悩みがリンクしている部分があって、演技に反映されていたと思います。 ――では、赤楚衛二さんはどんな俳優さんでしたか? 三木 年齢のわりに天然でしたね(笑)他のキャストに比べると年上なんですけど、同じ目線というか、年齢差を感じさせない明るさで撮影に臨んでくれていました。 ――若い役者さん4人には、どんなアドバイスをしましたか? 三木 現場の空気感が映像に乗っかると思っているので、撮影以外の部分でも仲良くしてもらったり、一緒に食事会もしました。食事会では撮影と関係ない雑談をしたり……そこである共通点が判明したんですけど、キャスト4人と僕、みんな血液型がB型だったんです(笑)そういう、意外な発見がありました。 ◆映画に込めたメッセージ ――この映画では、10代の切ない恋心が丁寧に表現されていて、感情移入しやすいと作品だと感じます。どんな仕掛けをしたのでしょうか? 三木 誰でも思春期の頃は、もどかしさというか、伝えられなかった想いや言えなかった言葉、後で後悔した経験があったはず。でもそれって、相手を思いやったり、気づかう気持ちがあったからだと思うんです。だからこの映画を観て、改めて自分の青春時代を愛おしく思ってほしいです。 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年8月12日放送回より 配給:東宝 (C) 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C) 咲坂伊緒/集英社

ラジオ関西

【関連記事】