Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人、痛い「首位陥落」 お見合い、守備妨害、新守護神...不安抱え乗り切れるか?ロード12試合

配信

J-CASTニュース

 プロ野球の巨人は2020年7月12日、ほっともっとフィールド神戸でヤクルトと対戦し2-3で敗れた。  先発・桜井俊貴投手(26)が初回に不運な形で先制点を許し、5回2死1、2塁から村上宗隆内野手(20)にタイムリーを打たれたところで降板。打線は5回に1点差とするも6回以降はゼロが続き逆転ならず。チームはこれで4連敗となり、首位の座をヤクルトに明け渡した。 ■「同点」となったかと思われたが...  初回、いきなり守備の乱れが出た。2つの内野ゴロで2アウトを取った桜井は、3番・青木宣親外野手(38)を四球で歩かせた。  2死1塁の場面で打席に立った村上の打球は、レフトとセンターの間に上がった。レフト亀井善行(37)とセンター丸佳浩(31)ともに捕球可能な位置にいたが、2人が「お見合い」する形で打球はグランドに落ちた。この間に1塁走者の青木がホームをおとしいれ1点を先制。巨人は守備のミスで1点を献上した。  6回の攻撃では、ヘラルド・パーラ外野手(33)の「積極走塁」が裏目に出た。1死1、3塁、一打同点のチャンスに炭谷銀仁朗捕手(32)がショートゴロを放ち、ヤクルトはゲッツーの態勢に。セカンドの山田哲人(27)がベースカバーに入ったところ、1塁走者パーラが果敢にスライディング。山田がジャンプ一番、パーラのスライディングをかわしたが背中から崩れ落ち、1塁に送球出来なかった。  併殺崩れの間、3塁走者の亀井がホームイン。3-3の同点になったと思われたが、高津臣吾監督(51)がベンチから飛び出しこのプレーに対してリクエストを要求した。検証の結果、パーラのスライディングは危険なスライディングと判定され、守備妨害としてパーラがアウトとなり、打者の炭谷もアウトとなった。パーラのスライディングがなくても1塁は微妙なタイミングだっただけに悔やまれるプレーとなった。

新守護神・沢村に原監督も渋い顔

 開幕から18試合を消化し、少しずつほころびが見え始めた原巨人。この日は新守護神・沢村拓一投手(32)も不安を露呈した。左脇腹の肉離れで登録を抹消されたルビー・デラロサ投手(31)に代わって新守護神に指名された沢村は9回のマウンドを任されたが、制球が安定せず四球と死球を1つずつ与えランナーを背負う投球に。結果的にはこの回をゼロで抑えたものの、相変わらずの制球力の悪さに指揮官の表情も渋かった。  チームの要である坂本勇人内野手(31)の調子も気がかりとなる。左脇腹違和感のため、7月9日の阪神戦でスタメンから外れ、スタメン復帰後はプレーに精彩を欠く場面がみられる。守備ではスローイングが手投げとなり、11日のヤクルト戦では平凡なショートゴロを捕球した後、一塁への送球がハーフバウンド。今シーズン初失策を記録した。打撃も3試合連続無安打と元気がなく、体調が不安視される。  ヤクルトと0.5ゲーム差で2位につける巨人は14日の広島戦(マツダスタジアム)から12試合連続でロードが続く。本拠地・東京ドームに戻ってくるのは7月28日のDeNA戦から。投手陣では先発・田口麗斗(24)と守護神デラロサを故障で欠き、チームリーダー坂本も本調子ではない。14日からは5年連続で負け越している広島との3連戦。今シーズン初の4連敗で首位から陥落した巨人の勝負どころとなりそうだ。

【関連記事】