Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いつの間にこんな格好良くなってた!? 帰ってきたオペル、日本のラインナップを全部見せ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

キムタクのドラマでも話題だったオペル

2020年3月、ドイツ・オペルが日本への再上陸を発表しました。どんな車種が導入されて、どこで買うことができるのでしょうか。 ■格好良過ぎ! 過去から最新モデルまで画像で改めて見てみる そこで今回は気になる「新生オペル」についてまとめてみました。

▼ドイツ・オペル日本導入の詳細は関連記事リンクもご覧ください▼

新生オペル、どこで買えるの? いつから買えるの?

以前は日本にも正規輸入されていたドイツの「オペル」。戦前の1927年から販売を開始した由緒正しき輸入車メーカーで、1990年代に輸入元がヤナセとなった際、ピーク時には年間3万8千台以上を売り上げたこともあります。その後、ヤナセから輸入権を得たGM日本法人による価格見直しなどで販売数が減少したため、残念ながら2006年に日本市場から撤退してしまいました。 そして時は流れて2020年3月。プジョー・シトロエン傘下に2017年から入っているオペルが、日本への再上陸を発表したのです。

まずは東名阪エリアからスタートし、2023年頃までに全国展開へ

1931年にアメリカのGM(ゼネラルモーターズ)の完全子会社になったオペルは、長年GMグループの一翼を担ってきましたが、2009年のGM破綻によって、GMはオペルブランドを手放すことになりました。 そして2017年3月、プジョー・シトロエンを擁するグループPSAがオペルを買収……という経緯を経て現在に至ります。そのため、オペルの日本再発売は、基本的にPSA主導で進むことになっています。 まずは東名阪の主要都市を中心にオペルの販売拠点を開設。続けて2023年頃までに、全国各地の都市にオペルディーラーを展開すると予定です。そのため、PSAの日本法人・グループPSAジャパンでは、既存のプジョー・シトロエンディーラーを活用したオペルの販売網構築も進めているようです。 PSAの発表では、日本でのオペル発売開始は2021年夏以降とのこと。日本を含め、世界中が新型コロナウィルスの影響を大きく受けてしまいましたが、オペルの日本再上陸がスケジュール通りに進むといいですよね。

【関連記事】

最終更新:
MOTA