Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メインになれない芸「ものまね」変えた偉人たち コロッケの“妄想と破壊” タモリがなりすました寺山修司

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

お笑いには欠かせない芸の一つである「ものまね」は、江戸時代にまでさかのぼる歴史がある。1920年代にラジオ文化が花開くと古川ロッパが「声帯模写(せいたいもしゃ)」と称して再流行。テレビ時代の1970年代後半、タモリが革新を起こし、1980年代には、コロッケら「ものまね四天王」がエンタメジャンルとして確立させた。時代の機微を取り込み、時に「金脈」を掘り当てることで進化してきた、ものまねの歴史をたどりながら、その魅力について考える。(ライター・鈴木旭) 【画像】何度見てもそっくり、コロッケの“鉄板”顔まね写真 岩崎宏美・森進一・そして五木ひろし……

原点は歌舞伎役者をまねた「声色遣い」

「ものまね」の起源は、文明が起きる前に行きつく。人が動物や鳥の鳴き声をまねするのは、言葉よりも先にあったと考えられるからだ。また、なんらかの行動や状況を現す“○○ごっこ”という遊びも、古くからあったようだ。 演劇研究家の河竹登志夫氏は、日本大百科全書(ニッポニカ)の中で、『古事記』『日本書紀』にまでさかのぼり、「海彦(うみひこ)山彦説話にみる被征服者の滑稽(こっけい)なマイム(物真似=ものまね=戯)も、原始芸能の一形態といえる」と指摘するなど、その源流には「最古の芸能」とも言われる歴史がある。 日本で「ものまね芸」の起点となったのは、 江戸時代の後期に誕生したとされる「声色遣い(こわいろづかい)」だ。舞台に登場する歌舞伎役者をまねたもので、これが「有名人のものまね」の元祖と言われている。 メディアが限られていた時代は、大衆に支持される有名人はごく少数だった。この声色遣いは、寄席演芸やお座敷遊びなどの文化として戦前まで引き継がれていった。 一方で、江戸時代から、人間ではなく動物の鳴きまねをする寄席文化もあった。猫や犬、鳥や虫の鳴き声など、洗練された芸で観客を魅了していたという。 大大正・昭和の時代に活躍した芸人には、おんどりなどの鳴きまね以外に軽妙な語り口でマジックも披露するアダチ龍光、コオロギやウグイスを得意とした三代目江戸家猫八らがいる。

【関連記事】