Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“煉獄”日野聡、劇場版『鬼滅の刃』は正義感を意識「柱としての強さやかっこよさ、頼もしさを」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開記念舞台あいさつが17日、都内で行われ、炭治郎役の花江夏樹、禰豆子役の鬼頭明里、善逸役の下野紘、伊之助役の松岡禎丞、魘夢役の平川大輔、煉獄杏寿郎役の日野聡、主題歌「炎(ほむら)」を歌うアーティスト・LiSA、外崎春雄監督が登壇した。 【写真】襧豆子役の鬼頭明里ら『鬼滅』キャスト集結!収録トークを披露  本作のメインキャラとなる炎柱・煉獄は劇場版で初めて任務に挑む姿が描かれており、炭治郎たちに激励の言葉を投げかけるシーンや戦闘などが、ファンを夢中にさせている。日野は「独特の個性といいますか、そちらを強く意識する場面が『うまい!』と言うところですね。個性を出して、観客の方に笑顔になっていただくことを意識しました。そして技を見せるのが初でしたので、柱としての強さやかっこよさ、頼もしさを炭治郎たちに見せるというところを心がけていました」と煉獄の正義感などを意識したという。  戦闘シーンについては「自分も見ていて圧倒されました。煉獄は目を見開いて一見何を考えているか分からないのですが、裏では頭の中で何手も先を読み、状況判断する優れた能力の持ち主でもあり、柱としての頼もしさが濃密に描かれていたと思います」と魅力を語った。  そして、今回対峙する鬼・魘夢を演じた平川は「きれいな見た目に反して、(魘夢は)外道なので(笑)。彼のいびつさとか、しぎゃく性と冷静さのアンバランスな感じが出せたらいいなと思い、収録に臨みました」と振り返った。花江は「不気味さが詰め込まれていたので、戦っていてものすごい強敵だなと思いました」と激闘シーンを回想した。  『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。  昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎立志編”の物語が完結。最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。

【関連記事】