Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

風変りだけど最高におしゃれなセレブのウエディングスタイル

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

6月は花嫁の季節。タイムレスな正統派のウエディングドレスももちろん素敵だけど、時代を象徴するファッションアイコンたちは自分だけのウエディングスタイルを提案してきた。真似したいおしゃれなセレブリティたちのこだわりのスタイルを振り返ってみよう。 【写真】おしゃれすぎる往年セレブのウエディングスタイル

ゾーイ・クラヴィッツ

2016年より交際していた俳優カール・グルスマンとついにゴールインした女優のゾーイ・クラヴィッツ。パリで執り行われたウエディングには、父レニー・クラヴィッツ、母リサ・ボネットなど家族をはじめ、ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』で共演したニコール・キッドマンやリース・ウィザースプーンも出席。 私服もおしゃれなゾーイは、アレキサンダーワンのカスタムドレスを着用。タイトフィットながら、ウエスト下あたりからふんわりと広がったロング丈のドレスにリボンカチューシャ、キトゥンヒールのパンプスを合わせてバレリーナのような可憐なウエディングスタイルに仕上げた。

ヘイリー・ビーバー

サウスカロライナ州のリゾートホテル「モンタージュ・パルメット・ブラフ」で挙式したヘイリー・ビーバー。世界中が注目したこのウエディングで彼女らしいさまざまなウエディングスタイルを披露した。 リハーサルディナーでは、ヴィヴィアン・ウエストウッドのリトルホワイトドレスをチョイス。ハーフアップヘアにはリボンを、さらにマッチさせたジミー チュウのシューズを合わせてとびきりガーリーなウエディングスタイルに。

ベティーナ・ルーニー

スタイリストのベティーナ・ルーニーはシャネルの白いロングカーディガンにジミー チュウのパンプスで結婚を報告! 白シャツ1枚で結婚したスタイリストのロリータ・ジェイコブスに次ぐ、ファッショナブルなブライダルモーメントに。

【関連記事】