Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンズエンタテインメント・野田義治会長が語る俺のグラビア愛「グラビアはタレントの第一ステップ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

グラビアを愛してやまない各界の著名人たちが、自身のグラビア観を語るとともに、お気に入りのデジタル写真集5作品を挙げてもらうインタビューシリーズ、『俺のグラビア愛』。 【画像】野田義治会長が選んだデジタル写真集ベスト5 8月18日(火)まで開催している『週刊プレイボーイ』公式デジタルコンテンツサイト『週プレ グラジャパ!』の「夏の6周年記念キャンペーン」スペシャルコンテンツとして、全4回を定期配信中だ。 第2回は、かとうれいこ、小池栄子、MEGUMIなどを手がけ、巨乳ブームを巻き起こしたサンズエンタテインメントの野田義治会長。グラビア界のご意見番でもある彼がピックアップした5作品とは? *** ――野田会長は、普段、デジタル写真集をご覧になります? 野田 そんなに見ないですね。紙のはたまに見たりするけど。いま、いろんなところがやってるでしょ。だから点数が多くてチェックしきれないってのもあるよね。 ――水着写真集を家に置いておけない人とか、人目を気にして水着を見られない人は、デジタルだと重宝する、なんて聞きますけど。 野田 なるほど。でも、それを言えば俺はどちらでもないかな。どこでだってグラビアを堂々と見られるし。あ、でも昔、電車の中でヌードグラビアを見てたら、変態扱いされたことがあったなぁ。あははは。 ――豪快というか。さすがです(笑)。 野田 でもデジタル写真集は、今後さらに増えていくだろうね。それにあわせて、グラビアが盛り上がっていけばいいと思いますよ。 ――心強いお言葉です。さて今回は、グラジャパ!から5冊を選んでいただきましたが、どんなコンセプトで? 野田 グラビア界を引っ張って欲しい女のコですね。中には最近グラビアをあまりやらなくなったコもいるけど、やっぱり魅力的だと思うし、まだまだ魅せてグラビアに元気を与えて欲しいなって。 もちろん事務所のやり方もあるわけだけど、彼女たち自身グラビアを通じて学べるものはまだあると思うし。 ――確かにグラビアをもっと見たい女のコばかりです。でも会長の事務所サンズさんの女のコがいないですけど、いいんですか? 野田 本当は入れたい気持ちもあるけど(笑)、入れるなら全部そうしたくなるし、ちょっといやらしくなっちゃうんで今回はいいかな。純粋に自分が気になってる女のコってことで。

【関連記事】