Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

超メジャー「名車」S13シルビアやA60セリカXXの前は? 有名「前夜」のクルマ4選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

人気になった後継とは異なる路線を目指していたモデルも!

 長く続いている車名というのは、それだけ長く多くの人に愛されている車種ということが言える。しかし、そのなかでも特に人気の高い世代というものも存在していることが多い。では、その大人気の世代の前のモデルはどんなものだったのか? 今回はそんな有名「前夜」のクルマを振り返ってみよう。 【写真】結局初代が一番よかったクルマ8台!

1)日産R32スカイライン前夜のR31型

 現行型で13代目となるスカイラインは歴代でも数多くのヒットを生み出しているが、やはり今現在一番知られているのが8代目のR32型ではないだろうか? なんといっても16年振りに復活した「GT-R」を擁する世代として知名度が高いのも頷けるハズ。  ではその一世代前のR31型はどうだったかというと、当初は4ドアのみのラインアップで高級路線に向かおうとしたものの、スポーティさを求める市場の声に押される形で2ドアモデルも追加するなど、やや迷走気味と言える世代だった。  しかし、世界初の4輪操舵システムとなる「HICAS」を装備したり、87年8月にはグループAのホモロゲーションモデルとして「GTS-R」が800台限定でリリースされるなど、R32に繋がる要素は多く存在していた。

2)トヨタA60セリカXX前夜のA40、50系

 セリカXXと言えば日本ではスープラの前身としても知られるモデルであるが、1981年に登場した2代目モデルは漫画「よろしくメカドック」の作中でも大活躍した車種として、アラフォー世代には特に強い印象を残している。  リトラクタブルヘッドライトを備えてスポーティな印象のA60系セリカXXだが、その前のA40、50系はどちらかというとベースとなったセリカの印象を強く残した角目4灯フェイスであり、スポーティというよりはラグジュアリーな雰囲気を持ったモデルとなっていた。  これは先んじて北米市場で成功を収めた日産フェアレディZに対抗するグランドツーリングカーとして誕生したが故で、上級グレードにはイギリスのコノリーレザー製のシートがオプション設定されていたことからも、そのキャラクターがわかるだろう。

【関連記事】