Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

炎上中の《旅館の料理が多すぎる》問題は「おもてなし」か「時代遅れ」か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 このコロナ禍、「特別な夏」が始まった。  今年は帰省や遠方への旅行を控える人も多く、毎年この時期には人で溢れかえる新幹線の駅のホームも空港もガラガラ、高速道路の大渋滞も見られない。花火大会もなければ、夏祭りもない。 【写真】炎上した“廃棄前提おじさん”のツイート  観光スポットは“混雑”とはほど遠く、それに伴い各地の旅館やホテルなども悲鳴をあげている状況だ。ただ、Go To トラベルキャンペーンや夏休みの影響で、例年通りとは行かないまでも、徐々に客足を戻しつつあるところも。

温泉宿でのツイートが炎上中

 そんな中、万座温泉のとある旅館を訪れた男性のツイートが物議を醸している。 〈Go Toでちょっと高い旅館に泊まったら、大失敗――〉  その男性はテーブルいっぱいに並べられた料理の写真とともに、多すぎて食べられない旨をツイート。利用した宿のメインターゲットが“シニア層であるはず”と伝え、 〈つまり廃棄前提(としか思えないし、実際にかなりの廃棄が出ているはず)。不味くはないけど、体験価値としては……〉  と言葉を続けた。このツイートは瞬く間に拡散され、「旅館の料理」「万座温泉」といったワードのほか、なんと「廃棄前提おじさん」という言葉までもがトレンド入り。ネットではこんな声が広がっている。 〈旅館ってこの豪華な食事が私は楽しみなんだけど〉 〈心を込めておもてなしをした旅館側の気持ちを考えると切ない〉 〈不味くないのなら素直に「美味しかったです、少し量が多いと思います」って直接旅館さんに言えばよくない?〉 〈事前に旅館側に量少なめにと声をかけてもいないのに後出しで言うなんて……〉  中には、フードロス問題を挙げ〈確かに旅館のご飯は多い〉という意見も見られたが、それでも予約時に相談するべきだった、旅館側への配慮が必要だったのでは、と旅館側を擁護する声がほとんど。     もちろん投稿主は旅館名をあげておらず(とはいえ、すぐにネットでは旅館が特定されていた)、むしろ泉質は最高とか、旅館に同情する人に対してはぜひ泊まりに行ってほしいともツイートしており、あくまでも料理の量に対する個人的な意見を述べただけとも捉えられる。しかし、伝え方がよくなかったのか、その投稿がされ数日たった今でも、波紋は歯止めが効かない状態だ。

【関連記事】