Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“小学生横綱”、190センチピッチャーも!将来期待の次世代エースの素顔

配信

FNNプライムオンライン

これからの活躍が期待される天才キッズたち。 8月2日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)では、次世代のスター候補と言われる若きアスリートに迫った。 【画像】将来が楽しみ!期待集まるキッズアスリートたち

ライバルだけど親友!

鹿児島県徳之島で暮らす小学6年生の豊田倫之亮くん。身長163センチ、体重92キロの彼は、未来の相撲界を背負って立つ“小学生横綱”。 鹿児島県の島しょ部は相撲が盛んな地域で、徳之島には3つの相撲クラブがある。横綱・朝潮を輩出し、鹿児島出身の現役関取は5名と国内最多タイを誇るが、倫之亮くんが所属するクラブのメンバーは3人だけ。 小学生相撲の日本一を決める「わんぱく相撲全国大会」(小学5年生の部)で昨年優勝した倫之亮くん。彼が住む徳之島には、倫之亮くんだけが全国トップクラスの実力を持つため、練習相手はクラブのメンバーではなくコーチが行っている。そして、同世代の練習相手を求め、奄美大島へ泊りがけの単身出稽古をしているという。 奄美大島も120ほどの土俵があると言われる相撲が盛んな地域。ここで出迎えてくれたのが、小学6年生の重村鴻之介くん。身長166センチ、体重92キロと、倫之亮くんにも負けない体格を持つ彼も2018年に「わんぱく相撲全国大会」(小学4年生の部)優勝を果たしている。 2人は鹿児島県の代表を奪い合うライバル同士でもあり、鴻之介くんの父・一人さんが監督を務める相撲クラブの稽古に参加し、寝食を共にしている仲間でもある。 倫之亮くんは「相撲でライバルじゃなかったら親友」とお互いの関係について語り、鴻之介くんも「同じです。なんでも話せるし気が合う」と明かした。 番組が密着したときは、2人が5カ月ぶりに対決をした日でもあった。10番とって倫之亮くんが勝ち越すと、鴻之介くんは悔しさでひっそりと涙を流していた。そんな悔しさを晴らすように翌日、鴻之介くんが勝ち越すと、今度は倫之亮くんが一人で悔し涙を流していた。 相撲ではライバルで切磋琢磨する2人だが、稽古が終われば仲良く食事。幼稚園の時に相撲大会で知り合い、それからしのぎを削ってきた2人には「全国大会で対決したい」という共通の夢があった。 この夢は今年2月に両国国技館で行われた白鵬杯で叶った。この大会は世界中の相撲キッズが1100人以上参加する夢の舞台。 この大会前に倫之亮くんは「もちろん決勝で待っている」と鴻之介くんに言うと、「倫之亮くんが決勝で待っているならそこへ行ってあげる」と約束をしていた。 その宣言通り、倫之亮くんも鴻之介くんも決勝へ。白熱した大一番を制して優勝したのは倫之亮くん。惜しくも敗れた鴻之介くんの目には悔し涙が溜まっていたが、勝った倫之亮くんも「2人とも一緒に決勝まで行って相撲が取れてよかった」とうれし涙をこぼした。 スタジオには倫之亮くん、鴻之介くん、鴻之介くんの父・一人さんが登場。2人は番組MCの浜田雅功さんから「将来は大相撲の世界へ?」と聞かれると「はい」と迷いなく答えた。

【関連記事】