Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

将来のキャリア「転職か、残留か」で迷ったら考えること

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
bizSPA!フレッシュ

「あなたは出世志向ですか?」  という問いに、「はい」と答えるのに躊躇した人は、「出世」という言葉に対して「競争」とか「人事異動」などと同じようにネガティブな印象を持っているのではないでしょうか。  ひょっとするとドラマ『半沢直樹』を見過ぎなのかもしれません。

「出世」とは経験値を稼ぐこと

 出世を辞書で引いてみると、「世に出て高い地位につき、世間に名が知られる身分になること。地位が上がること」と書いてあります。  会社の中で地位が上がるということは、仕事が認められて仕事・役割・責任の範囲が広がるということなので、報酬は上がるし、上司から期待されるし、同僚からも一目置かれるし、恋人からも尊敬されるはずなので良いこと尽くめです。  ところで、あなたはゲームは好きですか?  さまざまなゲームがありますが、人気のジャンルにロールプレイングゲーム(RPG)があります。ヒーローものであったり、偉人ものや時代ものであったり、SFであったりとシチュエーションは様々ですが、立身出世をバーチャル体験するものです。

時には「アイテム」もゲットしよう

 主人公は、次から次へと困難に遭遇し、課題に立ち向かい、他人を助け・自分が助けられながら経験値を高めていきます。仕事で言えば、難しい業務目標に取り組むことになったり、コンペで競合他社との戦いを余儀なくされたり、まさかの人事異動で遠隔地への転勤などもあるでしょう。  しかしこれらは、ゲーム的に考えると、大きなアイテムや武器を獲得するチャンスであり、クリアすると、昇格(昇級)という次のステージが待っています。  それに例え転職することになったとしても、前職で培った経験やアイテム(能力)は活かすことが可能です。というより活かさないともったいないですし、会社は活かしてくれることを期待して採用するのです。

交流会で社外人脈ばかり集めていないか

「ビジネスパーソンにとって人脈は非常に重要なアイテムだ」という話はどこかで聞いたことがあると思いますが、実は最も重要なのは社外ではなく、社内人脈です。人脈というと、どうしても社外を連想してしまいがちですが、少し考えてみてください。  相手の力量や経験・(相手の)人脈を理解して「この人は信頼できそうだ」という一定の確証があるから他人と繋げたり、仕事を依頼したりという関係になるのが人脈です。  ということは、これまで関わりが薄く、名刺の肩書や職務経歴書(プロフィール)、話した内容だけで繋がった社外の知人は、本当の人脈と言えるでしょうか。  異業種交流会に参加して、活躍していそうな(実際は活躍していそうな人と知り合いになりたい、営業を兼ねて参加している)人の名刺をいくら集めても実益はほとんどありません。

【関連記事】