Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローンのフラット35ってなに? 上手な利用方法をFPが解説!

配信

ファイナンシャルフィールド

最近では、金融機関でもさまざまな住宅ローン商品がそろっています。ただし、通常の金融機関であれば、住宅ローンを申し込む際に団体信用生命保険の加入が原則となっています。そうなると、持病のある方や健康に不安がある方などは、融資を受けることができないケースがあります。 そういった方に対して、団体信用生命保険への加入なしでも融資を受けることができるのが、住宅金融支援機構が扱う「フラット35」です。 フラット35については、耳にしたことがある方も多いと思いますが、今回はその特徴や上手な使い方について説明します。

フラット35とは?

フラット35とは、全国300以上の金融機関が住宅金融支援機構と提携して扱う、保証料および保証人不要の「全期間固定金利型住宅ローン」です。 また他にも「フラット35S」や「フラット20」「フラット50」など、一定条件を満たすことで、借入金利が一定期間引き下げられる商品もあります。ここでは、フラット35の特徴や利用する条件など、その詳細について説明します。 ■返済期間 返済期間については最短15年、最長では35年となっています。ただし、申込本人や連帯債務者が満60歳以上の場合は10年となります。また、契約時に返済期間を20年以下で選択した場合、原則として返済途中で借入期間を21年以上に変更することはできないことに注意が必要です。 ■融資限度額 100万円以上8000万円以下(1万円単位)です。土地取得費に対する借入を希望する場合はその費用を含みますが、店舗、事務所などの非住宅部分に関わる建設費または購入価額は借入対象外となります。 また、購入価額には、一般的に「諸費用」といわれる登記費用や、仲介手数料等といったものも含めることができます。 ■借入対象となる住宅 住宅金融支援機構が定めた技術基準に、適合する住宅であることが必要です。また、床面積にも基準があり、以下のとおりです。

【関連記事】