Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日米で違う野球のルール「引き分け」 MLBは今季から史上初のタイブレーク制を導入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

MLBでは日没、降雨など試合が中断しても引き分け再試合で決着をつける

「引き分け」という考え方は、もともと野球にはなかったものだ。19世紀半ばにアメリカ東海岸で誕生した野球は、最後まで決着をつけるものだった。 【写真】あなたの目にはどちらに見える?…米国で右腕にも左腕にも見える投手の壁画が話題に  1856年までは「21点先取したチームが勝ち」というルールであり、21点取るチームが出るまで延々と試合をしていた。しかし、時間がかかりすぎることから1857年「9イニングスを終了時点で得点が多かったチームを勝ちとする」とルールが改められた。しかし、同点の場合は決着がつくまで試合をするものとされた。  MLBでは、この伝統が原則として現在まで続いている。ただし、かつてのMLBでは同点のまま延長戦になった場合には「引き分け再試合」で決着をつけた時期もあった。延長に入ってから日没や降雨などで試合が中断すれば、別の日に改めて再試合を行って決着をつけたのだ。ただし審判の判断などで、次の対戦の機会に、中断した試合のスコアの続きを「サスペンデッドゲーム」として行うこともあった。 「引き分け再試合」の場合は試合数が増え、「サスペンデッドゲーム」の場合は試合数が増えない。19世紀から1970年代まで、こういう形式で試合が行われてきた。チーム成績や選手の個人成績では引き分け試合が加算されているが、リーグの順位表には「引き分け試合」は載っていない。

今季のメジャーリーグは史上初のタイブレークが導入、7月24日のエンゼルス対アスレチックス戦

 最近も「サスペンデッドゲーム」はあるが、「引き分け再試合」はない。過密なスケジュールに「再試合」を組みこむのが難しいからだ。最近は、延長戦になった場合、決着がつくまで試合を続行している。  ただし、まれにペナントレースに関係のない消化試合などで「引き分け」となるケースもある。2016年9月29日のパイレーツ-カブス戦は1-1で6回途中降雨引き分けとなった。シーズン終了3日前であり「サスペンデッドゲーム」を組みなおすことが難しかったことからこの措置が取られた。  MLBではポストシーズンやオールスター戦も引き分けはなく、決着がつくまで戦うが、オールスター戦では降雨や、ベンチに選手がいなくなって引き分けになったケースが1961年、2002年の2回ある。2020年のMLBは、新型コロナウイルスで開幕が遅れ、公式戦が60試合と激減。試合消化を促進し試合時間を短縮するためにMLB史上初めて「タイブレーク」が導入された。  7月24日のエンゼルス対アスレチックス戦はMLB史上初のタイブレークとなり、10回は無死二塁からスタートしたが、最初の二塁走者になったのは大谷翔平だった。「タイブレーク」は決着がつくまで戦うので引き分けは出ない。  日本には1872年頃にアメリカの「お雇い外国人」ホーレス・ウィルソンによってもたらされたとされるが、到来した当時の野球も決着がつくまで延々と行うものだった。明治末期から大学野球が盛んになるが、東京六大学は「勝ち点制」を導入。先に2勝したチームが「勝ち点」を得る。延長戦で同点の場合は引き分けとなった(延長戦の規定はたびたび変更された)。その場合は、どちらかが2勝するまで試合を続けた。

【関連記事】