Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イブラヒモビッチ、今季終了後ミラン退団か。ボバン氏解雇でクラブに不信感

配信

フットボールチャンネル

 ミランに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチが今季終了後に同クラブを退団する可能性が浮上しているようだ。  22日付けの英紙『デイリー・ミラー』は伊メディア『スポーツメディアセット』の報道として、イブラヒモビッチはミランと契約延長をすることはないと伝えている。その理由として、今月7日にチーフ・フットボール・オフィサーの役職を努めていたズボニミール・ボバン氏が退団した事を挙げている。  イバン・ガジディスCEOとチーム強化方針を巡って対立したボバン氏はクラブを退団した。その事で38歳のストライカーはクラブのプロジェクトに疑問を持ち始めたようだ。  イブラヒモビッチは今冬の移籍市場で1年間の延長オプションが付いた半年契約を結び8季ぶりにミランに戻ってきた。復帰2試合目でゴールを決めるなど公式戦10試合に出場し4得点1アシストの数字を残している。クラブ側は延長を望んでいるようだが、イブラヒモビッチは既に今季終了後にクラブを去る決意をしているとも報じられている。  そんなイブラヒモビッチにはかつてミランで一緒にプレーしていたジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が率いるナポリが興味を持っているようだ。一方でこのまま現役引退の可能性もあるようで今後の行方が注目だ。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】