Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナが直撃したフリーランスの仕事「茫然自失」ライターたちの本音「恐ろしいのはうつしてしまうリスク」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

新型コロナウイルスで外出自粛が求められる中、あらゆる職業が影響を受けています。中でも、人と会うことが仕事であるフリーランスのライターや編集者は、今までの働き方を変えざるを得なくなっています。「現場に行けなくなり茫然自失となった」「怖いのはうつされるより、うつしてしまうリスク」。ライターや編集者が直面した悩みと、フリーランスの立場で考えた対応から、コロナで変わる働き方、生活の仕方について考えます。 【画像】殺人的な満員電車…昔の日本、本当にあったラッシュ風景 5人がかりの「シリ押し作戦」

「やっぱり、対面のほうが好きですね」

話を聞いたのは、ライターの吉村智樹さん、編集者の矢作ちはるさん、ライターの安倍川モチ子さんの3人です。7月11日にオンラインイベント「現役ライター・編集者と考える『withコロナ時代のウェブメディアの仕事』~withnewsおはなし部~」の中で、語ってもらいました。 まず、ライターにとって大事な取材について。新型コロナウイルス前は、当たり前のように人と会って話を聞いて記事にまとめていたのが、感染防止のため直接、接触することができなくなりました。 吉村さんは「仕事の内容がすっかり変わった」と話します。 「自分のセールスポイントは現場主義と写真を撮ってくることだった。外出自粛を要請されるようになって、その二つができなくなって茫然自失とした」 一方で、それまで会話の「タイムラグ」が気になって使っていなかったZOOMでしたが、アプリの性能が上がったこともあり、少しずつ、自分なりの仕事の仕方を作り出していったそうです。 「今までやっていた仕事をZOOMで代替するのではなく、この状況でできることは何かを考え直した。これまでは現場に足を運んで、そこで見たことや聞いたことを伝えていたが、今は、人物インタビューに切り替えている。ある意味、これまでのポリシーを変えたり捨てたりしていることでもあるので、ライターにとっては、けっこう血が出る作業」 矢作さんも取材はリモートに切り替わりましたが、難しいのが「相手の表情」だといいます。 「気持ちの機微が画面越しだとわかりにくい。本当にちょっとの変化から、『ここはもう少し詳しく聞こう』『ここは触れない方がいい』という空気感を読み取っていた。非言語的な部分を感じるのが難しい」 矢作さんが気をつけているのは準備です。 「いきなり本題に入ると、表面的な部分しか聞けないと思い、事前に質問事項をメールなどで送るようにしている。気になるところがあったら前もって教えてもらうなどして、限られた時間でできることを考えている」 安倍川さんも、質問は細かい部分まで含めて事前に相手に伝えるようにしているそうです。 それでも「臨機応変に聞けなくて…」と反省することもあったといいます。 「やっぱり、対面のほうが好きですね」

【関連記事】