Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ターボじゃ味わえない気持ちよさ! 2000年代に登場した極上のNAエンジン3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

消滅しつつあるNAエンジンだが中古車で狙えるモデルも存在

 最近では排ガス規制の問題などから高回転までブン回してパワーを絞り出す! というNAエンジンは消滅しつつあり、ダウンサイジングターボなどが主流となっている。とはいえ、NAエンジンの素直なフィーリングが捨てがたいと思っている人も多いだろう。 【写真】大排気量NAエンジンを楽しめる国産モデル!  そこで今回は2000年代に存在した名機と呼ぶにふさわしいNAエンジンを独断と偏見でご紹介。年式的にも中古車で狙えるモデルも多いので、気になる人はぜひ中古車チェックもしていただきたい。

1)トヨタ2ZZ-GE

 トヨタのNAエンジンの名機といえば4A-Gや3S-Gが挙がるところだが、搭載車両の年式を考えるとなかなかオススメしにくいところ。そこで、その2エンジンの後継エンジンとして登場した2ZZ-GEをオススメしたい。  1.8リッターの排気量から190馬力のパワーを7600回転で発生させる2ZZ-GE型エンジンは、1999年に登場した最終型セリカに搭載されてデビュー。その後はカローラフィールダーやカローラランクスなどのスポーツグレードにも搭載され、2004年には英国ロータスのエリーゼにも搭載されたと聞けば、その素性の良さをうかがい知ることができるだろう。

2)スバルEZ30-R

 スバルのアイデンティティでもある水平対向エンジン。なかでも最高の回転バランスを持ち合わせていると言われる6気筒エンジンのフィーリングは今でも高い評価を集めている。  もともとは3代目レガシィランカスターに搭載されたEZ30型だが、4代目レガシィに搭載されるにあたってAVCS・ダイレクト可変バルブリフト機構を搭載し、250馬力を発生した。  カタログスペックはそこまで圧倒的ではないものの、水平対向6気筒ならではの回転フィールとサウンドは特筆すべきものがあり、さらに4代目レガシィではこのエンジンをMTで楽しむことができたのである。その後、3.6リッターに排気量が拡大されたEZ36が5代目アウトバックに搭載されたが、こちらはレギュラーガソリン仕様となっていた。

【関連記事】