Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「外貨は高金利」に引っかかるな 資産運用には不向きの外貨建て保険に注意

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済
「外貨は高金利」に引っかかるな 資産運用には不向きの外貨建て保険に注意

イラスト:熊野友紀子

<2018年1月20日号> 近年、「外貨建て保険」に関する相談を受ける機会が増えた。20代や30代の単身者が資産形成目的での加入を検討している場合、80代の親が銀行から大金を一括払いする契約を勧められている場合などさまざまだが、結論は明快だ。円換算した保険金額は為替によって変動するし、手数料が高く資産形成には不利なので、「死亡保険金を外貨で受け取りたい人」以外、検討しなくていい。 死亡保障と貯蓄性が同時に語られる商品の多いことも、消費者の判断を難しくしているので、仕組みを示しておく。一定期間の死亡保険金と満期金の額が同じである「養老保険」や、一生涯の死亡保障がある「終身保険」は、簡略化すると下図のようになっている。

本文:2,783文字

写真:3
  • (写真:週刊東洋経済)
  • イラスト:熊野友紀子

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

後田 亨 :保険相談室代表

週刊東洋経済の有料記事

PayPay残高使えます