Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「もうとっくに死んでいる」斎藤工が断られまくった激ヤバ映画の舞台裏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

お笑い芸人・永野のアイディアをもとに、斎藤工が企画・プロデュース・主演した異色の映画『MANRIKI』が、11月29日から順次、全国公開される。 斎藤いわく「小顔矯正スプラッタ」。強迫的な美への妄執をブラックな笑いを交えて描く怪作は、いくつもの映画会社から断られたという。 「テレビで見られないものを見るために映画館に行くという図式は、もうとっくに死んでいる」と語る斎藤に、日本の映画界が抱える課題と未来への展望を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

永野の狂気が出発点

――永野さんとの役割分担はどのようなものだったのでしょうか。 永野さんが東京ガールズコレクション(TGC)に出演した夜にお会いしたんですね。 TGCって小顔ブースや小顔プリクラ、小顔マッサージなんかがあって、「いかにスタイル良くなるか」というムーブメントの集合体みたいなところ。 永野さんも(顔の大きさの)対比として「一緒に写真を撮ってください」と声をかけられたりしたそうです。 で、その日の夜に彼と飲んだら、「だったらもう、万力で物理的に小顔にした女性が街にあふれる物語はどうか」と酒のさかなに話してくれて。 そんな映画、かつて見たことがない。ヨーロッパのファンタスティック映画祭で絶対ウケると確信しました。 その日は雑談で終わったんですけど、翌日も翌々日も「これ実現しましょう」って言い続けて。それから3年かかりましたね。

何度も断られた企画

――公開にこぎつけるまでには、苦労もあったとか。 僕がこの作品をつくる意義だと思っているのは、映画会社に何度も断られたってことですね。いまのご時世、この企画は通らないんだなと。 いろいろなプロデューサーに話をもっていったんですけど、やはりつくれない。どの映画も後々のテレビ放送とかまで考えてつくっているからなのかもしれません。 僕はATG(日本アート・シアター・ギルド)の作品が好きなんですけど、「テレビで見られないものを映画が表現してくれる。だから映画館に行く」という図式は、もうとっくに死んでいるんだなと思いました。 同時に、どこの映画会社もできないものをつくろうとしてるんだ、よっしゃー!というポジティブな思い、確信に変わっていった部分もありました。

【関連記事】