Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井ノ原快彦のギターを渡辺俊美が絶賛、「461個のおべんとう」メイキング映像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

井ノ原快彦(V6)と道枝駿佑(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)が親子役を演じた「461個のおべんとう」。同作の原作を手がけた渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)のインタビューとメイキング映像が解禁された。 【動画】「461個のおべんとう」原作者・渡辺俊美インタビュー映像(メディアギャラリー他1件) 本作は「3年間、毎日お弁当を作る」「3年間、休まず学校へ行く」という約束を交わした父子の成長と絆を描くヒューマンドラマ。井ノ原が毎日息子のために弁当を作るミュージシャン・鈴本一樹、道枝が息子の虹輝を演じた。 YouTubeで公開中の映像で、渡辺は「こちらこそお願いしますという形で映画になりました」と映画化の経緯を明かす。さらに渡辺が井ノ原のギターを絶賛する姿や、ライブシーンの監修を行う様子も映し出されていく。 なおプロデューサーの平石明弘は「渡辺さんから、誰も傷つけない話にしてほしいというオーダーはありましたが、映画として面白いものになれば、と、音楽面をはじめ、全面的に協力してくださいました」とコメントした。 「461個のおべんとう」は11月6日より全国ロードショー。監督は兼重淳が務めた。 (c)2020「461個のおべんとう」製作委員会

【関連記事】