Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシア・パプアで牧師射殺 軍と武装組織が非難の応酬、航空機運航に支障出る?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

キリスト教の牧師殺害には治安勢力と武装勢力の衝突の連鎖が関係するという──

インドネシアの東端、ニューギニア島の西半分を占めるインドネシア領パプア地方(西パプア州、パプア州)ではこのところ軍や警察といった治安部隊と独立を求める武装組織による衝突が頻発しているが、中央山間部でキリスト教の牧師が何者かに射殺される事件が発生した。【大塚智彦】 [映像] パプア武装組織の拠点を急襲 司令官を銃殺 こうした事件がパプアで発生すると治安部隊と武装組織側がお互いに責任をなすり合うのが通例になっているが、今回も例外ではなく軍と武装組織がそれぞれ射殺への関与を否定し、「聖職者射殺」は相手の非道な犯行であると厳しく非難している。 キリスト教プロテスタントが51%、カトリックが5%と多数を占めるパプア州でキリスト教指導者が殺害されることはあまり例がなく、最近頻発し、エスカレートしている双方の衝突が新たな段階に入ったとの見方もでるなど、現地では緊張が高まっているという。 詳細不明の牧師射殺 パプア州の中部山間部にあるインタンジャヤ県ヒタディパ地区で9月19日、現地のプロテスタント教会に所属するエレミア・ザナンバニ牧師が正体不明の男に銃撃されて死亡する事件が起きた。 現場が遠隔地であることに加えてマスコミの自由な取材が許されていない地域であることなどから、エレミア牧師射殺が最初に伝わったのが軍による発表であることもあり、殺害に至った詳しい状況や経緯は未だに明らかになっていない。 ただ、事件発生を受けてパプア州警察や地元の陸軍幹部は相次いで「牧師は現地の犯罪組織のメンバーによって殺害された」と声明を出した。 治安当局が「犯罪組織」と呼ぶのは実はパプア地方で細々とだが独立を求めて武装闘争を続ける「自由パプア運動(OPM)」とその分派とされる「西パプア民族解放軍(TPNPB)」を指していることが多く、今回もTPNPBの関与を治安当局は疑っている。 また別の治安当局者は「牧師射殺時に兵士や警察官は付近には誰もいなかったので事件に関与したことはあり得ない」ともマスコミに語っている。現地パプア人組織からは「現場にいなくてどうしてTPNPBの犯行と言えるのか」と当然の疑問を示されている。

【関連記事】