Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初代レクサスLS400が世界に与えた衝撃

配信

LEON.JP

自動車ジャーナリストのレジェンド岡崎宏司氏が綴る、人気エッセイ。日本のモータリゼーションの黎明期から、現在まで縦横無尽に語り尽くします。今回のテーマは初代「レクサスLS400」。 連載/岡崎宏司の「クルマ備忘録」 なみなみとシャンパンを注がれたグラスが何段も積み重ねられ……。そこは、クラブなんかじゃありません。クルマのボンネットの上なのです。エンジンをかけてもこぼれないどころか、さざ波が立つだけ……。そんなケタはずれの静寂性で世界を驚かせた初代「レクサスLS400」の誕生秘話とは?

初代「レクサスLS400はすごかった!」

日本車の第一次黄金期は1960年代後半。カローラ、サニー、フェアレディ、トヨタ2000GT、コスモスポーツ、、、歴史に残る、記憶に残る名車が続々と誕生した。 僕が自動車ジャーナリストとしての仕事をスタートしたのは1964年。だから、第一次黄金期にピタリとタイミングは合っている。つくづくラッキーだったと思う。 そして、第二次黄金期は1980年代後半。 日産R-32型GT-R、ホンダNSX、レクサスLS400、マツダ・ロードスター、インフィニティQ45 、7代目カローラ、、まさに錚々たる顔ぶれが誕生した。 このうち、ホンダNSXを除くクルマの開発にすべて関われたのだから、どうみても「超ラッキーだった!」というしかない。 R32型GT-Rと7代目カローラへの関わりはすでに書かせていただいたが、今回は「レクサスLS400」との関わりについて書かせていただく。 レクサスLS400の誕生は、世界を震撼させた。 とくに、振動と静粛性、精緻な造り込みは、世界のプレミアム戦線に強烈な衝撃を与えた。 僕は主に、東富士と北海道士別試験場での開発作業に参加したが、とくに最終仕上げ段階で、全長10kmの周回路(1987年完成)をもつ士別が使えたのは大きなプラスになった。 LS400は、日常領域からアウトバーン領域まで、超一級の静粛性と快適性、かつ高い安心感と優れた燃費の達成を目標にしていた。とても重い課題だった。しかし、それを達成できたひとつの理由が、全長10kmの士別周回路にあったことは疑う余地もない。

【関連記事】