Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京近郊の一人暮らし「家賃相場5万円以下」の街探しのポイント

配信

マネーポストWEB

 東京に出て1人暮らしを始めると、とにかく驚くのが家賃の高さだ。一般的に家賃の目安は収入の3割程度と言われているが、その計算なら収入が20万円だと家賃は6万円。その額では、築年数、駅からの距離、日当たりなど、どこかで妥協しないと良い部屋は見つからない。東京近郊で少しでも家賃が安い場所はないものか? 1人暮らし物件の家賃相場が5万円以下の街について、ライターの金子則男氏が解説する。 【図表】求職中の人、家賃が厳しい人、賃金未払いの人を助ける制度10

 * * *  前回の〈東京23区内で「家賃相場6万円台」の駅はいくつある? 最安の駅は?〉という記事で、都心部で安い家賃の場所はどこにあるかを解説しましたが、東京近郊でワンルーム・1K・1DKの家賃相場が5万円以下(ライフルホームズ調べ。5月27日時点)という条件で調べてみると、2つのポイントがあることが分かりました。

 まずポイントの1つは国道16号線です。東京をぐるっと取り囲むように走る国道16号線は、横浜、町田、八王子、川越、大宮、春日部、柏、千葉など、都心から30~40kmの場所に位置する衛星都市を結ぶ超重要幹線道路ですが、鉄道各線の「家賃5万円以下で、もっとも都心寄りの駅」を調べると、かなりの確率で国道16号線がリンクしてきます。

【JR】 中央線=西八王子(4.57万円) 常磐線=北柏(4.21万円) 東北本線=東大宮(4.84万円) 埼京線=指扇(4.83万円) 総武線=西千葉(4.98万円) 青梅線=牛浜(4.34万円)

【私鉄】 小田急線=玉川学園(4.89万円) 東急田園都市線=つきみ野(4.98万円) 西武池袋線=狭山ヶ丘(4.50万円)

 大雑把な捉え方としては、家賃5万円以下の場所に住むなら、国道16号線のあたりまでは都心から離れる必要がありそうです。

乗り換えを厭わなければ、家賃は下がる

 そしてもう1つのポイントは「乗り換え」です。都心に出るためには必ず1度は乗り換えを要する路線は、手間と時間が掛かる分、当然、家賃相場は下がります。

【関連記事】