Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これが手持ちでポンと撮れる、新EOS R5/R6+RF800mmすごい!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

タイトルのような写真が、誰でも手持ちでポンと撮れる。これは面白い。

これまでにない挑戦的な設定のカメラ

キヤノンの新しいEOS R5/R6と一緒に発表されたRF600mm F11 IS STMとRF800mm F11 IS STMを使ってみた。 これ、かなり面白いレンズなのである。

まずは従来のEF600mmを持ってみる

普通だと、超望遠レンズというのは途方もなく高価で重い。 たとえば、下のEF600mmの F4L IS II USMは約3,920gで137万円(税別)。レース撮影などで使うのだけど(もてぎのような最近のサーキットは安全性向上のためにグラベルが広くて、撮影場所が遠いので600mmが必要になる)、まぁ、重い。 ちなみに、これは会社にあるレンズで、最新のEF600mm F4L IS III USMは182万円(税別)。

構えてみたけど、腕はプルプル。当然、覗いている先もブレブレで、僕の腕力では撮影なんかできない。 プロカメラマンも、長時間の撮影ではよほどのマッチョカメラマンでない限り、600mmになると一脚を使う。 ところが今回発売されたRF600mm F11はわずか930g。お値段8万8000円(税別)。めっちゃ安い。軽い。これなら僕の腕力でも持てる。もちろん、見えてる視界はとても狭いので、相変わらずホールドしてるつもりでもとてもブレるが。

なんで、そんなに暗くて安いのか? それはレンズがF11と暗いから。しかも絞り固定。 ただ、そこからが発想の転換。なにしろ、EOS R5/R6には絞り8段分という超強力な手ブレ補正がある。さらに常用ISO 51200(R5)、102400(R6)という高感度特性もある。 つまり、レンズの暗さをテクノロジーで乗り越えようというレンズなのだ。

魔法のように遠くのものが克明に撮れる

普段、600mmなんて使わないので戸惑うが、本体が小さいし、値段も極端に高くないので、気楽に取れる。 まず、港のガントリークレーン。港湾施設にはフェンスがあって近くには近寄れないので、遠くからの撮影になるが、それでもこんなに寄れる。楽しい。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ