Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現役生活29年、工藤公康が味わった若き日の不覚/プロ野球20世紀・不屈の物語【1989~91年】

配信

週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 工藤公康&渡辺久信「西武黄金時代の若き左右両輪」/プロ野球20世紀の男たち

順風満帆の若手時代だったが

 2015年からソフトバンクを監督として率いている工藤公康。20世紀を知らなくとも、横浜の自称「ハマのおじさん」時代や、プロのキャリアをスタートさせた西武でのラストイヤーをリアルタイムで見た若いファンも多いだろう。29年という長きにわたる現役生活を過ごした左の鉄腕だ。  西武へ入団したのは1982年。ドラフト6位という下位での指名ながら、やはり就任1年目の広岡達朗監督に抜擢され、高卒1年目にしてオープン戦の後半には一軍に上がって、ペナントレースでも27試合に登板して、チームが西武となっての初優勝に貢献している。何かと辛口な広岡監督からは厳しい練習を課される一方で「坊や」と呼ばれてかわいがられ、84年の秋にはアメリカの教育リーグへ野球留学。翌85年には防御率2.76で初の最優秀防御率に輝いて、一躍、黄金時代のエース左腕に成長した。  その翌86年には初の2ケタ11勝。広島との日本シリーズでは1勝2セーブ、第5戦で放った起死回生のサヨナラ打もあってMVPに選ばれている。15勝を挙げた87年には防御率2.41で2度目の最優秀防御率に。リーグ最多の23完投も光る。巨人との日本シリーズでは2勝1セーブで2年連続MVP、胴上げでセンターのカメラに向かってジャンプして話題を集めた。  新しい価値観をもって行動する“新人類”が流行語になった時代。工藤もエース右腕の渡辺久信らと“新人類”のアイコン的な存在となった。のちに工藤も「野球界で最初にジーンズを履いたのも僕らだったと思います」と振り返っている。巨人の長嶋茂雄や王貞治、同じ時代なら江川卓や原辰徳らスター選手とは一線を画したスター像も“新人類”たる所以だろうか。チームも自身も絶好調。1年目から新人王に選ばれたりこそなかったものの、順風満帆と評して差し支えはないだろう。 「当時は、よく遊びましたね。朝まで飲んで、次の日、投げたら勝った、というときもあります」(工藤)  老いというものは、じわじわと体に忍び寄り、ゆるやかなスロープを下るように体は衰えていくのだが、どういうわけか、まるで断崖絶壁を転がり落ちるかのように、ガクッと体力の衰えを覚えることがある。老いは、常に同じ傾斜の坂を下っていくわけではないのだ。若手時代の工藤を知るベテランの(?)ファンなら、多少の個人差こそあれ、似た経験をしているのではないだろうか。25歳を過ぎた工藤も、同様だったかもしれない。

【関連記事】