Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽トラの「青いサンバー」まで新車を上まわる中古価格!  コロナ禍でも下落しない恐るべきスバル限定車の人気っぷり

配信

WEB CARTOP

WRブルーのサンバーは今後も値上がりしていきそうだ

 コロナ禍は中古車相場にも大きな影響を及ぼしている。販売台数減少により中古車相場は全体的に下落傾向で、とくに高級車の値落ちが激しい。たとえばベントレーのベンテイガあたりの超高級車も大幅下落の気配が濃厚だというから、欲しい人には朗報だ。モデルチェンジも近いらしく、W12気筒搭載車の1万キロそこそこの物件でも1000万円台に値下がっている。底値になるのはまだ先と言われているので、今はまだ「待ち」の状態だが、高級外車好きは相場をマメにチェックすべきだ。 【写真】ツウでも唸る乗れたら幸運な中古限定車4選  コロナショックにより高級車の値落ちが続くなか、異様に堅調な相場を維持しているのがSUBARUの限定車だ。世界最強SUVのベンテイガが値下がっているというのに、STIの「Sシリーズ」はもちろん、軽トラのサンバーでさえ高騰している。2011年の最終型に1000台限定で設定された「WR BLUE LIMITED」は超入手困難となっており、中古車検索サイトでチェックしてもほぼヒットしない。運良くあっても新車価格よりも高値となるケースが多く、今後もさらに値上がることが予想される。  1961年に発売された初代モデルから受け継がれたキャブオーバーのRRレイアウトや四輪独立懸架サスペンションなど、サンバーを名車たらしめた伝統的な美点は今でも評価が高くて大人気だ。サンバーは一部マニアの間で神格化されつつあるので、ノーマルでも軽トラにしては高値で推移。将来的にはノーマルのサンバーも高騰するだろう。ベンテイガとは逆で、欲しい人はなるべく早めに買っておくことを強くオススメしたい。

EJ20の生産終了で「WRX」の人気はさらに高まっている

 高嶺の花となってすでに久しいSTIの限定車も、コロナ禍で少しは安くなることを期待したが、今のところその気配はない。EJ20ファイナルエディションやS208あたりの新しめのモデルは依然としてプレミア価格となっており、ノーマルのWRX STIの高年式車や新古車も値上がり気味だ。EJ20の退役を機に、「WRX」というクルマそのものの人気が高まっている。  EJ20を積まず、ミッションがCVTでモデル末期のWRX S4も最後に「STI Sport♯」という限定車を設定し、わずか2週間ほどで予定の500台を売り切った。  比較的「庶民でもギリギリ手が届くSシリーズ」だったはずの「S202 STiバージョン」もいまだ250万円前後の高値をキープ中(新車価格は360万円)。18年落ちの国産車としては高騰中と言える。これも流通台数はわずかなので、「いつかはSシリーズ」を夢見る庶民派のスバルファンは、遅くとも「アメリカの25年制度」に該当する前に買っておかねば、トンでもない相場になるかも知れない。  一部からは「STIは限定車を乱発しすぎ」との声も挙がるが、いずれもアッサリ売り切れることが多いので、それだけ需要があるということだろう。S208は「S207を買いそびれた人」が、RA-Rは「S208を買いそびれた人」が飛びついた例が多いことからも、STIの限定車はまだ供給不足と言えるのだ。  SUBARUファンには「STI限定車の乗り味にハズレなし」とのイメージが浸透しているし、モータースポーツの現場でも強さを発揮し続けてきたことで、「EJ20」や「WRX」というブランドの人気や価値は確固たるものとなった。これが世界的な危機や不況下でも中古車相場がほとんど値下がらない理由となっている。

マリオ高野

【関連記事】