Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国では1回25万円… レムデシビルはなぜこんなに高いのか

配信

NEWS ポストセブン

 感染者数が再び急増するなかで、一刻も早い“特効薬”の登場が待たれる。その望みを託される「レムデシビル」だが、なんと1人治療するのに約25万円かかるという──。

 新型コロナには有効な治療薬がないゆえ、世界中で猛威を振るう。そんな状況に光明をもたらすと期待されるのが、米医薬大手ギリアド・サイエンシズが開発した「レムデシビル」だ。銀座薬局の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「もともとはエボラ出血熱の治療薬として開発された抗ウイルス薬です。新型コロナのようなRNA型ウイルスの複製を抑制する働きがあります」

“夢の治療薬”に世界中が飛びついた。5月初めにアメリカが新型コロナ患者への緊急使用許可を出すと、直後に日本が特例承認し、7月に入ると欧州委員会が承認した。

 注目を集めたのはレムデシビルの販売価格だ。

 新型コロナを治療するには通常、レムデシビルを5日間で点滴として6本投与する必要がある。ギリアド社は米国と先進国向けの販売価格を、1本分を390ドル(約4万円)、1回の治療にかかる6本分の価格を2340ドルに設定した。日本円でおよそ25万円だ。なぜそれほど高額になるのか。

「米国内でもレムデシビルの薬価をどうするかが議論されました」

 そう指摘するのは、薬価に詳しいナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師だ。

「そもそもアメリカは公的保険制度が不十分で、薬価を抑えることより製薬会社がどんどん儲けて経済を回すほうが望ましいという考えが許容されており、薬価が高くなりがちです。しかも会社の経営に“モノ言う株主”が口を出す文化が根強い。レムデシビルについては『50万円くらいの価値がある』との議論もあったが、暴利を貪るとの批判もあり、最終的に25万円の設定になったようです」

◆インフル治療薬は安いのに…

 評価が難しいのは“原価”が極端に安いことだ。

「レムデシビルの原材料にかかる費用は10日間分で1000円程度との海外報道もある。ただし薬の開発費は、工場の設備投資や大規模治験などにかかった費用を含めて算出するもの。新薬の開発費は少なくとも1000億円程度が相場といわれており、レムデシビルも同様とされていますが、中身はブラックボックスで、本当はいくらかかったのかはわかりません」(谷本医師)

【関連記事】