Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【調査報道】シッター逮捕のキッズライン、レビューに浮上する深刻な疑惑

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

キッズラインに登録されたシッターの初回レビューには一部実体験とは異なる内容が記載されていた。 【全画像をみる】【調査報道】シッター逮捕のキッズライン、レビューに浮上する深刻な疑惑 出典:キッズラインの登録シッターの初回レビュー画面 キッズラインの登録シッターが立て続けに2人、強制わいせつ容疑で逮捕された。キッズラインは2019年11月に1件目の事件発覚後も、拡大路線を取ってきた(前回記事参照)ことは既報の通りだ。 その中で選考プロセスを簡略化させ、面接や研修のオンライン化で3~4月には月400人弱のシッターが次々とデビューしているが、その質は担保されているのか。 マッチング型のプラットフォームで、契約相手を見極めるのに参考になるのが「レビュー」だ。しかし、今回キッズラインはこのレビューにおいても問題を抱えていることが分かった。

事実ではないレビューの疑惑

キッズラインのシッターは、実際に活動をする前に、最終審査的な位置づけであり最初の利用者でもあるママトレーナーと呼ばれる利用者に1件目のレビューを書いてもらう仕組みになっている。 まず、この段階でキッズラインでは、ママトレーナーの実際の感じ方に関わらず、サポーターの「報復」を避けるために、必ず評価は5をつける仕様になっていた。 ママトレーナーと運営側の情報交換のためのFacebookグループ(現在は閉鎖)によると、これは低い評価を受けたシッターがトレーナーや子どもに何か危害を加えることを避け、安全を守る(実際にキッズライン側は「報復を避ける」と表記、下の画像参考)ためだという。 ママトレーナーと運営側の情報交換のためのFacebookグループより(現在は閉鎖) 実際、6月27日現在、サイト上で表示されるサポーター(キッズラインにおいてのシッターのこと、男性は現在非公開なので対象外)4371人分のデータを、協力者を得て筆者が確認・分析したところ、初回のレビューが「5」以外の人は8人のみで、いずれも2018年6月より前のものである。 一般の利用者が使ううえで、参考にする1件目のレビュー文章は通常、シッターの面接を担当するママトレーナーによるものだ。しかし今回、この初回レビューで、実際には子どもと接していないにもかかわらず、接したかのような内容が多数書かれていることが明らかになった。

【関連記事】