Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鬼平犯科帳を愛読 ビジネス書は読まない 「理と利と情」が信条 46歳 ネスレ日本・深谷龍彦社長に迫る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食品新聞

チームを重視 石ころのアイデアも磨けばダイヤの可能性

 4月1日から現職の深谷龍彦代表取締役社長兼CEOは、1973年9月2日生まれの46歳。96年、関西学院大学商学部を卒業後、ネスレ日本に入社して最初に配属された広島支店(現・中四国支社)で営業を経験したのち、ネスカフェ事業部(飲料事業本部)を皮切りにマーケティング畑を歩む。  6月29日、取材に応じた深谷社長は「28歳からずっとマーケティングに携わり、思ったことを遠慮せずに言わせてもらい、好きなことをやらせてもらってきたことが自分の財産」と語る。  この実感もあり、社員にいま最も伝えたいのは「このような時代で先行きが見通せず誰にも正解がみえないからこそ、思っていることがあったら遠慮せずに声をあげてほしい」ことだという。  同社はここ10年間、高岡浩三前社長の強烈なリーダーシップの下、大躍進を遂げた。  ただし「(高岡前社長の)トップの力でターンアラウンド(方向転換)した功績は素晴らしく、私も学ぶことが多かったが、今の時代はそういうことではないのだろうと個人的には思っている」。  今の時代にふさわしいものとして、深谷社長が重視するのは“チーム”。  「チームとして、それぞれの組織をいい方向に向かわせたい。実際に現場で働いている人たちに近い年齢の私だからこそできることではないかと思っている」。  忌憚のない意見が一層飛び交う社風を醸成し、その中で管理職の役割は、様々な意見の中から気付きを得て実現へと引っ張っていくことにある。  「若手の発した言葉の中から何かを見つけ出してあげるのが上司の仕事。一見、石ころにみえるものでも磨いてあげればダイヤになりうる。最初からダイヤを待つのではなく、見つけたものを上司と部下が一緒に磨いていくという意味でチームになってほしい」と述べる。  社内からの人望も厚いと仄聞される深谷社長。好きな言葉は“理と利と情”。  「理由の“理”と利益の“利”と、それから情けの“情”で人の心は動く。理と利があっても、心がこもっていなければ人は動かない」を信条とする。  趣味は読書で、中でも「鬼平犯科帳」をはじめとする池波正太郎作品を愛読する。  「小説ばかり読んでいる。ハーバード・ビジネス・レビュー誌以外、ビジネス書は基本的に読まないしリーダーシップ論の類いは大嫌い。リーダーシップの本を読むくらいだったら鬼平犯科帳を読んだほうがいい。池波正太郎さんが大好きで全冊持っている」という。

【関連記事】