Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、”苦手なはず”のソチで2位表彰台。「満足できる結果だ」|F1ロシアGP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPで2位表彰台を獲得した。 【動画】2020年F1第10戦ロシアGP決勝ハイライト  当初レッドブル陣営は、ロシアGPの舞台であるソチ・オートドロームは、チームのマシン特性に合っていないとして、苦戦することも覚悟していた。しかし、フェルスタッペンはメルセデス勢2台の間に割って入る2位表彰台。望外の好結果を手にした。 「今日は2位という結果にとても満足している、いつもならばそれほど競争力がないと覚悟していたコースでの結果なら、なおさらだ」  フェルスタッペンはチームのプレスリリースにそう語った。 「チームにとってはかなり重要なポイントだった。苦しんだここ数レースの後には、特に必要としていたものだ」  ただ彼のスタート位置であるグリッド右側は汚れていたため、グリップが低く、スタート直後にポジションを落とすこととなってしまった。 「スタート時、右側のグリッドのグリップがとても低く、それが影響して、最初のいくつかのコーナーはとても面白かった。でも僕らはすぐに落ち着き、ダニエル(リカルド/ルノー)をすぐに抜き返すことができた」 「かなりオーバーステア気味だったから、ミディアムタイヤを履いている時にメルセデスのマシンを追いかけるのに苦労した。ただピットインして、ハードタイヤに履き替えると競争力が高まり、自分のレースに集中することができるようになったんだ。そして、うまくマネジメントすることができた」 「表彰台に戻れるというのはとても良いことだし、こういう苦手なコースで、ボッタスから8秒以内でフィニッシュできたのには、間違いなく満足することができる」

【関連記事】